2010年07月11日

Bing検索コマンド:高度な特別構文検索

 本日はお休みと云う事で、先日公開されたBingの「Advanced Operator Reference」でも訳して、私的な備忘録にでもしよう、と考えておりました。

 ところが早いもので、鈴木謙一氏の海外SEO情報ブログ「Bingだけで使える特殊検索コマンド」で既に紹介されていました。
 しかも、コアな処だけピックアップされており、私好みです。

 助かるな、と思いつつ、やはり、作業は後回しにしてしまうと記事にし難くなってしまいますね。
 と云っても、一応、bingに注目している身としては書かないのも妙なので、ミラー的になってしまいますが、備忘録としてしたためておきましょう。

『Bing検索コマンド:高度な特別構文検索』の続きを読む


posted by EINS at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年06月13日

検索エンジンのクローラーをブロックする方法

 検索エンジンに拾われない為、ロボットをブロックする方法。

 robots.txtへの記述、或いは、metaタグで簡単に指定可。

『検索エンジンのクローラーをブロックする方法』の続きを読む
posted by EINS at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年06月06日

MIME type一覧

 本日はお休みなので、Content-typeヘッダーのMIMEタイプ一覧でもまとめておこうかと思います。

 基本的にこう云う作業は嫌いなので敬遠しがちなのですが、後で便利かもしれないので個人用に作っておきます。

『MIME type一覧』の続きを読む
posted by EINS at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年06月04日

TinyMCEを使ってフォームをワープロの様に

 CMS(Content Management System)等のテキストエディタに見られるワープロソフト的なWYSIWYGエディタを自身のフォームに適用する方法。

 最も簡単なTinyMCEを使ってWYSIWYGエディタを表示させます。

『TinyMCEを使ってフォームをワープロの様に』の続きを読む
タグ:WYSIWYG TinyMCE
posted by EINS at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年05月01日

Google Analytics:ランディンページ毎のCVR簡易解析

 Google Analyticsで目標の設定やeコマースのトラッキング有効時。

 本来はカスタムレポートを作るべきだが、管理サイトが膨大な時等、簡易的な解析際。

 レポート画面左ナビメニューから「ユーザー」⇒「地図上のデータ表示」画面セッション下ディメンションのプルダウンメニューから「閲覧開始ページ」を選択。
 ここで目標セットやeコマース、AdSenseの収益等、ランディングページ毎のデータ閲覧が可。

 CVRから逆引きしてユーザー導線を整える指標にはなるかもね♪

 …なンと云う手抜き備忘録!?
 基本、備忘録は手抜きです♪


 それでは、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年03月30日

perl/ PHPでのファイルのアップロード

 perlやPHPでファイルをアップロードして、サーバー、若しくは、データベースに保存する方法。

・フォーム

<form method="post" action="./upload.cgi" enctype="multipart/form-data">
<!-- フォーム部 -->
<input type="file" name="upfile" value="" size="30" />
<input type="submit" value="Upload" />
</form>


 enctype属性を付け、必ずpostで指定。getはダメ。

・perlでの処理

1.PerlのPackage、CGI、File::Copy、File::Basenameを読み込む
2.フォームからのデータをCGI.pmで受け取り、オブジェクト作成
3.サーバーに書き込むファイル名を設定
4.アップロードするファイルオープン、ファイルハンドルを作成
5.ファイルハンドルをファイルにコピー
6.CGIのオブジェクトをundef
7.アップロード後、表示HTMLへ遷移(必要な場合に応じて)

◎サンプルソース

use CGI;
use File::Copy;
use File::Basename;

my $q = new CGI;

my $fname = basename($q->param('upfile'));
my $path = ".";
my $newfile = "$path/$fname";

my $fh = $q->upload('upfile');
copy ($fh, "$newfile");
undef $q;

print "Location: uploader.html\n\n";


 ファイルに書き出せばアップロード可能であり、open/while/binmode/print/closeでも書き出せる。
 $fhはクローズする必要なく、スクリプト終了時にクローズされる。

・PHPでの処理

 PHPの場合、定義済変数$_FILESにアップロードされたファイル情報が自動的に入る。
 先述のフォームのファイルのname「upfile」の場合、

$_FILES['upfile']['name']

$_FILES['upfile']['type']

$_FILES['upfile']['size']

$_FILES['upfile']['tmp_name']


 保存するなら「$_FILES['upfile']['tmp_name'] をコピー、処理するなら「$_FILES['upfile']['tmp_name'] を開いて読み込ませる。


 、てな感じ。


 アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年03月10日

Perl・JavaScript・PHPのURLエンコード/デコード

 URLで2バイト文字を使うのに必要なのがURLエンコード/デコード。

・PerlでURLエンコード

$word = "奇妙な社長";
$word =~ s/([^0-9A-Za-z_ ])/'%'.unpack('H2',$1)/ge;
$word =~ s/\s/+/g;


・PerlでURLデコード

$word = "%8a%ef%96%ad%82%c8%8e%d0%92%b7";
$word =~ s/+/\s/g;
$word =~ s/%([a-fA-F0-9][a-fA-F0-9])/pack("C", hex($1))/ge;


・JavaScriptでエンコード/デコード

// URLエンコード
var word = "奇妙な社長";
var encoded = encodeURI(word);

// URLデコード
var encoded = "%8a%ef%96%ad%82%c8%8e%d0%92%b7";
var word = decodeURI(encoded);


・PHPでエンコード/デコード

#-- URLエンコード
$word = "奇妙な社長";
$encoded = urlencode($word);

#-- URLデコード
$encoded = "%8a%ef%96%ad%82%c8%8e%d0%92%b7";
$word = urldecode($encoded);


 ね、簡単でしょ?


 アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年03月06日

.htaccess:PHPで静的ページとみなす方法

 「.htaccess」でPHPをディレクトリ毎に「.php」以外の拡張子で実行させる方法。

AddType application/x-httpd-php .html

 若しくは、

AddType application/x-httpd-php .htm

 設定クリアの場合、

RemoveHandler .html

 、と云う事で、

RemoveHandler .html
AddType application/x-httpd-php .html


 、でOK。


 アリーヴェデルチ♪
タグ:PHP .htaccess .html
posted by EINS at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。