2010年02月28日

Above the Foldくらい意識しましょうよ

 Webページ上でスクロールをしないで見る事の出来る領域を「Above the Fold」と云います。
 プログラマーでは知らない人もいるかも知れませんが、ウェブデザイナーであれば知っていますよね?

 コンバージョン率を考慮した時、デザインやレイアウトのベースとなる1つの指標です。
 当然、Above the Foldに縛られ、窮屈になる必要はありませんが、全く意識しない、それ処か、忘れてる様であってはいけません。


 最近、SOHOの方に外注した、と云うホームページを立て続けに拝見にしたのですが、ま〜凄い!
 一言で言うなら“自由奔放”でしょうか?
 う〜ん…やはりチェック機能が働き難い環境のせいか、デザイン性に走ってしまうんでしょうね〜
 納品した時点でクライアントに喜ばれても、全く反応のないホームページに苛つかれる方が多い様です。

 兎に角、デザイナーの方に注意して貰いたいのは、普通のインターネットユーザーは、デザイナー程、高解像度のモニターで見ていない、と云う事実。同様に、複数のモニターで幾つものブラウザ等開いていません。
 更に付け加えるのであれば、そもそもパソコンからインターネットで閲覧している時間は、それ程長くはない、と云う事実。

 メールをチェックし、ウォッチリストを覗き、お気に入りのサイトをランディング…日常的な閲覧だけでインターネット接続時間の大半は費やされ、初ランディングされたサイトの閲覧時間は限られるのです。

 そんな中、やたらワイドであったり、表示が遅かったり、スクロールが長かったりしたら、余程興味のある対象が掲載されてもいない限り、すぐに離脱してしまいます。

 たまに、雑誌なんかでもありますよね?
 電話帳並に分厚く大きい雑誌。
 そう云う雑誌の場合、購入されても各ページを隈無く見てくれる方は、かなり時間に余裕のある方だけです。大抵、本棚で眠ってしまいます。

 Webページで閲覧に時間がかかると判断された場合、本棚行き、つまり、ブックマークされれば御の字、通常、登録さえしてくれません。
 ブックマークされるには、ある程度、情報を見て貰う必要があり、自由過ぎるデザイニングは、その対象にさえ入りません。
 立ち読みして、ペラペラとページをめくり、購買意欲を刺激されなかった為、購入されない、そんな感じです。

 限られたサイズの中でデザイン性を活かす、それが全てのデザインに共通して云える事です。
 普段、B2サイズで漫画の原稿を描く人はいません。来年の年賀状のデザインを1畳分のサイズでデザインする人もいません。市販するファッションのデザインバランスをスーパーモデルの体型を基準にしたりしません。幼稚園児ぐらいになれば、紙からクレヨンではみ出す事もありません。

 Browser Sizeで確認してみては?

 受諾してデザインする限りにおいては、少なくとも、ユーザー目線、を考慮した方が良いですよ?
 勿論、貴方自身のサイトは別です。自由なサイズで表現されても結構です。
 しかし、多くの意見として、見辛い、と評価されてしまう事でしょう。

 気を付けましょう。


 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 04:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年02月15日

勘違いされてるサイトオーナーが多いのかも?

 以前と比べ、相互リンクのもたらすSEO効果が弱まったので、相互リンクは不要、と勘違いしているサイト管理者の方、いませんか?
 だとしたら、大間違いです。

 元々、関連性のあるページ同士の相互リンクによるSEO効果が高かった訳であり、無関係な相互リンクはそれ程効果は期待出来ません。それが今では、より適切になっただけに過ぎず、決して効果がない訳ではありません。

 そもそも、被リンクを欲しているのであれば、一方的なナチュラルリンクを期待するよりも相互リンクし合う方が被リンク数を増やす上でハードルが低く、寧ろ、適切と云えます(関連性があるページに相互リンクを打診する訳ですから)。

 また、以前のエントリ「リンクディストーションについて」で掲載した通り、全てが全て関連性を持つ必要性はなく、合致し過ぎれば、返って不自然さを演出してしまいます。

 ナチュラルリンクによる被リンク数を増やし、SEO効果を望む上で、相互リンクは必要不可欠であり、相互リンクそのものが無意味、と云う概念は捨てた方が良いですよ?
 これ、本当♪


 と云う事で、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年10月06日

コンテンツを分けるのであればまずはサブディレクトリで

 コンテンツを拡充して行き、半独立サイトを形成する場合、サブディレクトリで表示させましょう。
 検索エンジンのアルゴリズムにより変化しますが、サブドメインで用意するよりも効果的です。

 SERPには同ドメインは2つしか表示されませんが、ドメインの信頼性を高める上でサブディレクトリで表示させた方が得策です。
 サブドメインの場合、別表示となり有効的に思えますが、大元のドメインへの効果を向上させる事にはなりませんので効果的ではありません。

 実際に完全なコンテンツとして独立させる場合、別ドメインが必要となる訳ですから、サブディレクトリとして用意し、別ドメインへの誘導ページとして残しておき、相互リンクをしておけば、そのまま効果を保てます。

 サブドメインよりもサブディレクトリで表示させた方が概ね、効果的である、と云う理由は沢山あるのですが、取り敢えず、皆さんは「サブディレクトリでコンテンツを用意」しておく事を覚えておいて下さい。


 それでは、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月14日

Twitterマーケティング、7つの罠

 IT系ニュースでTwitterの文字を見ない日はありません。
 Twitterを用いたマーケティング活用法の企業向けサービスやセミナーがいよいよ活性化してきましたね。

 日本語版開設前には情報収集とディスカッション用の待ち合わせ、備忘録的メモとして活用他別目的としておりました。
 さて、今は使えるのでしょうか?


 Twitterそのものは大変、使い勝手の良いサービスです。
 ですから、アカウントを取得しておく事をおすすめします。

 しかし、企業がこれをマーケティングに活用するのであれば、よく検討すべきです。
 個人的には、現時点でのTwitterによる一般的なWebマーケティングは無い、と考えています。

 DELLの様にTwitter登場以前からメーリングリスト、DM、FAXを使って、これでもか!、と云わんばかりのアプローチをしているのであれば、導入してもOKです。
 ですが、精度、と予算、負担を考えた場合、よく協議すべきです。

 Twitterは極めて緩やかなコミュニケーションツールである事が前提です。
 より正確には、緩やかなコミュニケーションツールとして活用し、有用(?)と思われる情報提供する事が最大の効果を齎す訳であり、宣伝・販促ツールと限定した時点でその最大の効果を失う事を意味しています。

 Twitterをマーケティングに導入するのは、業種と目的を限定し、尚、微妙と云った感じですが、もしも、活用するのであれば以下の7点に気を付けて下さい、


1:Twitter担当者に複数業務

 Twitterは、簡単につぶやける反面、その効果を最大限発揮する為にはTwitterにベッタリ(どっぷり)と浸かる必要があります。
 効果的なTwitterの活用には、メルマガよりも負担が大きい事を理解しておきましょう。
 この理由が分からない、或いは、負担を予測出来ないのであれば導入すべきではありません。

2:フォロワーを買わない

 報酬を払ってフォロワーを募り、バイラル効果を期待するのであれば導入は見送りましょう。
 ブログ程、プル型効果期待出来ず、伝播力も貧弱です。
 即効性はあるものの、期待値は低い為、報酬に見合う効果には成り得ません。

3:プライベートモード

 マーケティングとしてTwitterを活用した上でプライベートモードに設定した場合、つぶやきにおけるクオリティのハードルを上げてしまう事になります。
 フォローされても離脱される可能性が高く、或いは、完全に無反応となります。
 オープンなつぶやきこそ有用性があるので、プライベートモードでの導入は誤りです。

4:宣伝だけ、簡易プレススリリース、ヘッドラインニュースだけ

 自社サービスのPRを優先し、宣伝ばかりする。剰え、同じ内容を集中的、若しくは時間を変えてつぶやく等は“最悪”です。
 確実にフォローから離脱、若しくは無視されます。

5:無反応

 個宛のつぶやきを無視し続けるのはよくありません。
 見落とし、答え辛い、と云うものは多々あると思いますが、反応はしておきましょう。
 コミュニケーションツールである事を無視すれば、全ての効果は消え失せ、台無しです。

6:フォローの数集め

 フォロワー数に執着してはいけません。
 フォロワーはコンシューマではありません。
 負担は別にあるので、フォロー数に気を取られた時点で失敗します。

7:トラッキング

 トラッキングしてリターゲティングしたいのは分かりますが、フォロワーをその対象とした時点でTwitterの強味を失います。
 Twitterによるマーケティング対象をフォロワーにすべきではありません。


 個人的には最初に述べた通り、今現在のTwitterの機能とその本質、ユーザー層から考えて、マーケティングに活用出来る程のものではない、と考えています。

 Twitterは、その仕様故に“時間”が取られます。
 Twitterに取られる時間と等価な有用性を得られるか否か、と云う問題が常に付きまとい、これがつぶやきの発信者の情報の有益性に依存している限りにおいてユーザー数は限定されます。
 つまり、Twitterそのものの向上が見られない限り、ユーザーの飽和と減退を招く事でしょう。
 現時点で、Twitterが携帯電話のメールに代わる程のパワーはないので初期市場で飽和を迎えるであろう、と予測していますが。

 勿論、化ける可能性を孕んでいるので注目しておいても良いでしょう。


 1つ云えるのは、現時点で大資本企業以外はTwitterマーケティングにお金をかけるべきではない、と云う事です。

 少なくとも、「Twitterはヒウィッヒヒー」が面白いと思わなければお金をかけて使う必要はありません。
 ちなみに、私はま〜〜〜ったくヒウィッヒヒーの面白さが分かりません!
 だからこそ、何故、これがウケたのか、日本語版アカウント(英語版アカウントや別目的アカウントは取得済み)を取得したのですが、未だ不明です。

 ま、笑いのツボ、が違うんでしょうな!

 しかし、だとしたら私の予想は確実に当たります。
 現時点でのWeb上でよく聞く様なTwitterによるマーケティングは、確実に無意味でボロが出て廃れる、と。
 もし、セミナー等で語られている使い方をするのであれば、Twitterそのもののユーザー数が更に増える必要が問われ、その時に活用すべきです。
 但し、全く異なった手法で活用するのであれば大いに期待出来ます(実は既に仕掛けを考えて実行済みです)。


 皆さんも気を付けて下さいね。


 それでは、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年07月26日

Webデザインに黄金比を取り入れる為の15個のツール

 今更ですがホームページの作成に黄金比を簡単に取り入れる事が出来る便利なアプリやツールをご紹介しておきます。

黄金比
 名刺サイズに代表される最も美しいとされる比「1:(1+√5)/2」。近似値は1:1.618、約5:8です。
白銀比(大和比):
 用紙サイズ(A3、A4他)や日本建築等に使われている比「1:√2」。近似値は1:1.414、約5:7です。生産性に富み、無駄のない比。

 そもそもウェブデザインに黄金比を取り入れる必要性があるか否か、と云うのは置いておいて、知っておいても損はないのでどうぞ。


ZAPA GS
 黄金比・白銀比計算ツール。Adobe AIR版の黄金比・白銀比の定規で別アプリに使用可。Win、Mac対応。
Webデザイン黄金比計算ツール
Webデザイン白銀比計算ツール
 「ZAPA GS」の簡易オンライン版。と云うより、こちらが先。この2つの比計算ツールおローカル版が上述のZAPA GS。
Golden Ration Calculator
 黄金比適用したカラムやボックスの数値を算出するオンラインツール。
Phiculator
 黄金比計算機。Windows、Macintosh両方有。exe, hqx, swf版有。
GRIDMAKER
 オンライン黄金比グリッド定規ツール。
Grid Calculator
 黄金比グリッド設計用オンラインツール。
GridMaker Reboot
 グリッド作成されるPhotoshop用スクリプト。
Grid Layout
 グリッド表示させるスクリプト。
GridFox
 グリッド表示させるFirefox用エクステンション。
金卓
 黄金比を自然数で算出するWindows用電卓アプリ。
TheGoldenSection
 黄金比を保った矩形を表示するWindows用アプリ。
レイアウトの小技 Ver2.0
 黄金分割した数値を算出するオンラインツール。
grid
 グリッド表示させるブックマークレット。
Grid Designer 2
 黄金比グリッド設計用オンラインツール。
Atrise Golden Section
 Windows用の黄金比グリッドを定規としたアプリケーション。有償、デモ版有。


 一応紹介しておきましたが、美しいデザイン(美しいとされるデザイン)がそのまま“良いホームページ”とは限りませんので、あくまでもデザインに限った話としておきましょう。
 また、デザインに限ったとしても色彩や色調の方がより印象的になりますし、敢えて崩すと云った手法もあります。

 黄金比は黄金比として理解しておき、デザインの幅を手狭にする必要はありません。
 黄金比で抑えておけば取り敢えず良いか、と云う考え方はどちらかと云えばデザインに造詣の浅いプログラマー向けです。

 純粋にデッサン力があればパースは自ずと合いますし、構成力があれば配置は黄金比となる場合もあります。
 結果的に黄金比であった、と云うぐらいがよく、縛られても意味がありません。
 環境によって比率が崩れる事もありますから、基礎知識として活用して下さい。


 では、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年07月21日

サテライトサイトの落とし穴

 サテライトサイトサテライトブログはご存知でしょうか?

 メインサイトにトラフィックを…と云うより、メインサイトの被リンク数やPageRankを渡す為に作る別サイトの事です。
 アフィリエイターの皆さんやECサイト運営者の方であれば既に著名な手法ですよね。
 一般的な法人サイトの運営者はご存知ない方もいらっしゃいますでしょうか?否、既に営業の類で耳にたこでしょうか。

 被リンクを簡単に増やす方法と云えば、別サイトを自分で作り、そこから発リンクをすれば良い…この実に簡単で安直な発想からなるのがサテライトサイトのベースです。
 本来、1ドメイン1コンテンツを基本とし、コンテンツの拡充に伴い別ドメインを取得し、別サイトを作る、或いは、メインサイトでは表現し得ない情報を補填する為に別サイトを設ける、こんな感じで作られるべきサテライトサイトが、何故かSEO対策用だけに作らている現状…実に、不思議です。

 ちょっと、一言。
1つのサイトでさえ満足にアクセスや成約率を向上させる事が出来ないでいるのに、複数サイトの運営にかまけている暇と予算はあるのでしょうか?

 実際にトラフィックを流す事の出来る程のサイトで、そのサイトを閲覧した結果、メインサイトに訪れ、成約率を向上させるだけの効果を得られるフィルター的サイトであれば、その存在価値は十分と云えますが、被リンクだけの為にサイトを作り、内容が殆ど同じのミラーサイト的サテライトサイトや更新の見込めない死んだサイトを次々と作っても全く無意味です。
 サーバの片隅を埋めるだけのゴミサイト等、必要ありません。


 仮に、ご自身でサテライトサイトかサテライトサイトを作ったとします。
 ご自身で制作すれば無料で出来ます。費用と云えばドメイン代とホスティング代ぐらいでしょうか?
 目的はメインサイトの被リンク数とPageRankのアップだとしましょう。
 さて、どうしますか?
 作ったばかりのサテライトサイトからの被リンク等、無意味です。
 では、サテライトサイトそのもののPageRankを上げますか?どうやって??
 被リンクとして有効に活用する為には同ジャンル、より内容が類似していた方が良いですが、そもそも同じではミラーになってしまいます。そのサテライトサイトの被リンクはどの様に集めますか?内的なSEO対策のみで終わりにしておきますか?

 はい、たったこれだけでも既にジレンマに陥ってますよね?

 そうです、サテライトサイトからの被リンクでSEO効果が望める程であれば、そもそもそのサテライトサイト自体にかなりのパワーがある事が前提になる訳です。
 即ち、サテライトサイトを作る目的は本来、メインサイトでは反響・集客し得ないユーザーへの訴求であり、SEO対策そのものが目的ではありません!

 メインサイト、サテライトサイト等と呼ぶから目的が霞んでしまい勘違いされてしまうのですが、サテライトサイトの目的はメインサイトを補佐しつつ、これらを1つのクラスターと考えた上で、このサイト群全体で成約数(成約率ではありません)を向上させるものです。
 勿論、サテライトサイトの活用の仕方次第ではメインサイトの成約率(こちらは成約率ですよ)を向上させる事もでき、その結び付きはSEO効果を齎す被リンク数だけに止まりません。
 そして、ここ迄しっかりとプランニングしたサテライトサイトは、その目的故に本格的な運用をする訳ですからWebポジションは良好なものとなり、結果的にSEO効果にも繋がる訳です。


「SEO対策の為にサテライトサイトを作りませんか?」

 こんな営業をされたら疑って下さい。
 勿論、上述の様な目的を持って、しっかりとした提案ありきで勧められたのであれば、予算との都合次第ですが話を聞いてみても良いかも知れません。
 ですが、SEO対策にのみ集約された話題(被リンクがどうとか、キーワードがどうとか、PageRankがどうとかetc)であった場合、その営業マンはサテライトサイトを作る真意を分かっていませんから、一昨日来やがれ、と突っ返しましょう。


 まさか、ミラーサイトやゴミブログを量産するツール、他人の記事を収拾してゴミ記事を自動出力する様なアプリ、使っていませんよね?
 すぐにやめましょう。全く効果がない処か、時間の無駄使い…回り回って、二酸化炭素の排出量を増やすだけです。

 サテライトサイトは賢く、本気で作りましょう。
 SEO対策をするのであれば、サテライトサイトより有効なものが沢山ありますから気を付けましょう。

 と云う事で、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年07月14日

QDFへの対応でSEO対策コストを抑える

 GoogleのQDF(Query deserves freshness)と云うアルゴリズムをご存知ですか?

 簡単に説明しますと、注目を浴びている情報に対して、より新しいWebページを検索結果の上位に齎す仕掛け、です。要は、新鮮な記事程重宝される、と云う事です。

『QDFへの対応でSEO対策コストを抑える』の続きを読む
posted by EINS at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2007年10月16日

IT・Webマーケティング用語解説集

 近々、簡単なITWebマーケティングに用いられる専門用語解説集、と云いますか、走り書きの様なものを弊社サイトに用意しようかな、と考えております。

 次から次へと矢継ぎ早に登場する専門用語に、時折、私自身も忘れたり、勘違いしてしまう事もあります。
 解釈、については色々あると思いますので、要点だけを簡潔にまとめる予定です。

 事務作業になってしまいますので、ある程度まとまりましたらお知らせ致しますので、宜しくお願い致します。
posted by EINS at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2007年06月12日

テクニック無用!誰でも自サイトの反響がアップする方法

 ホームページを運用していて、反響の乏しさにイライラしている方、或いは、ホームページそのものに興味を失いつつある方、いらっしゃいませんか?

 反響、場合によっては成果と捉える事も出来ますが、サイトを通してユーザーがアプローチしてくる、即ち、問い合わせしてくるか否か、大変、重要な事です。

 アクセス解析をして、そのトラフィックに一喜一憂していられるのは、ホームページを作って間もない時期だけです。全くユーザーからの反応がないホームページでは、テンションも下がります。

 では、どうすれば反響が増えるのでしょうか?
 これはテクニックでも何でもありません。また、当たり前の事なので、技術論を求めている方は、続きを読む必要はありませんよ。

『テクニック無用!誰でも自サイトの反響がアップする方法』の続きを読む
posted by EINS at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2007年05月31日

Web2.0的グラフィックジェネレイター集

 今回も引用記事になってしまいますが、ホームページを彩るアクセサリやパーツが簡単に作れるツールをご紹介致します。

 元記事は『mashable』に掲載されておりました「Forget Photoshop: 15 Online Graphics Generators」です。

 前回、Photoshopのプラグインをご紹介して、いきなり「Forget」と云うのも何ですが、結構、便利だと思いますよ?
続きを読む
posted by EINS at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。