2010年09月13日

Twitterで望まれないリストに放り込まれた時の処置法

 またしても久々のエントリーです。
 誠に申し訳ないです。

 さて、今回は久々のエントリーであるにも関わらず、実につまらない内容で恐縮ですが、ツイッターでアカウント運用している場合に稀に起こるトラブル「望まないリスト入り」についての対処法です。

 当方のアカウント「@einsweb」でも、ここ2〜3週間の間に「?」なリストに仕分けされていた為、至極真っ当な対策をお伝えさせて頂きます。

 もし、今現在、困っている方がいらっしゃいましたら続きをご覧下さい。

『Twitterで望まれないリストに放り込まれた時の処置法』の続きを読む
posted by EINS at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年07月03日

ブログのアクセスアップ失敗における8つの敗因とは?

 昨日の記事「ブログのアクセス数をアップさせる最良の方法:知識や技術に傾倒して陥る盲点」を受け、本日もブログのアクセスアップのお話です。

 アクセスアップと云っても、アクセスを招き入れる具体的な手法ではなく、アクセスアップに関する考察の仕方、と云うものです。
 ブログ初心者の方は(ブログだけではありませんが)、簡単にアクセスアップする方法や技術があり、それを知って実践すればすぐにアクセスが急増するものだと思われている様ですが、基本的に意味がありません。
 確かに、見掛け上のアクセスアップ手法や初心者からすると驚く様な手法がある事は認めますが、基本的にそれらを上手く使いこなす事が出来ない理由があるのです。
 それは、自身のブログを考察しない為、誰もそのブログを理解出来ないでいる事です。

 本日は、アクセス向上を目指す為に必要な基本的な考え方、考察する、事に焦点を当て、アクセスアップにおいて失敗しがちな点に着目し、これを考えて貰い、糧にして頂きたく思います。

『ブログのアクセスアップ失敗における8つの敗因とは?』の続きを読む
posted by EINS at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年07月01日

ライフハックを追えば追う程、ライフハックから遠ざかる、って知ってます?

 人気のライフハック(Life Hacks)…2003年にDanny O’Brien氏が提唱し、2004年頃から使われ出したバズワードで、国内でも2005年頃から技術者を中心として注目され始め、作業効率を向上させ、生産性を確保する、と云ったニュアンスの仕事術、乃至は、ガジェット活用法を指します。

 国内で手っ取り早くアルファブロガーを目指すのであれば、暴露系と双璧を為すテーマの1つ、と云えます。

 ご多分に漏れず、私もライフハック系のネタ、特にデジタルガジェット類やツール類は嫌いではなく、色々と読ませて頂いておりますが、ライフハック系ブログで紹介される数々の小技を取り入れれば取り入れる程、作業効率が落ちる、つまり、ライフハックから遠ざかってしまう事を、皆さんはご存知でしょうか?

 今日はちょっとしたネタのつもりで、その辺りについて記してみます。

『ライフハックを追えば追う程、ライフハックから遠ざかる、って知ってます?』の続きを読む
posted by EINS at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年06月27日

リムーブ(アンフォロー)される事でフォロワーの適正化を図る

 本日は休日なので、簡単な記事をエントリー致します。
 昨日の記事「Twitterのアカウント価値を見極める指標とは?」にも関与する内容です。

 皆さん、ご自身のアカウントが既存フォロワーにリムーブ(Unfollow)された経験があるのではないでしょうか?

 リムーブされると、残念な(悲しい)気持ち、になるか、若しくは、何か問題となるツイートをしたのではないか、と云う自責の念に駆られる事があるかも知れません。

 しかし、安心して下さい。

 リムーブをされる、と1つだけ良い点があります。
 それは、自身のアカウントに対してフォロワーの質が適正化される、と云う事です。

『リムーブ(アンフォロー)される事でフォロワーの適正化を図る』の続きを読む
posted by EINS at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年06月20日

ツイッターとメルマガの違いについて

 本日はお休みなので、夕方前からニコニコ生放送「ホームページ活用講座」を配信しておりました。

 そこで出た質問に次の様なものが御座いました。

ツイッターとメルマガの違いは何なのですか?

 全く異なる性質のものなのですが、もしかしたら、似た様なものだ、と思われている方が多いのかも知れませんので、少しだけ解説してみたいと思います。

『ツイッターとメルマガの違いについて』の続きを読む
posted by EINS at 18:55 | Comment(20) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年05月23日

ツイッター初心者ユーザーの楽しみ方を模索してみよう

 今日は休日と云う事で、マーケティングやビジネスに関係のないツイッターの楽しみ方でも伝えて行きましょう。

 初めて間もない一般ユーザーのツイートの中にちらほら踊るのが、面白さが分からない、楽しみ方が分からない、つまらない、と云ったニュアンスです。

 以前から、Twitterを使う事への啓蒙的な話は慎んでおり、これからもTwitterを奨めるつもりはないのですが、既にアカウントを取得して利用しているビギナーの方で、その楽しみ方に疑問を抱いている方に、少しだけ記述してみたいと思います。

『ツイッター初心者ユーザーの楽しみ方を模索してみよう』の続きを読む
posted by EINS at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年05月20日

Twitterの嫌われ者達に朗報!短所をそのままに小規模コミュニティの人気者へ

 以前、「TwitterやFacebookで嫌われる13タイプのユーザー」と云う記事をエントリーしたのですが、それなりに気にかけられておられる方がいらっしゃる様で、メッセージ等を頂くのですが、半分近くの方が勘違いされている様なので記事にしてみます。

 以前の記事にも明記しているのですが、読み飛ばされている為に勘違いされているのでしょうが、この記事で嫌われるユーザーは、Webマーケティングの一環としているユーザー、即ち、ビジネスアカウント保有者における定義であり、一般ユーザーは想定していません。
 そもそも、趣味で活用されているユーザーが別アカウントやフォロワーを気にする必要は皆無であり、13タイプに含まれていようがいまいが、どうと云う事はない筈です。
 興味がなければフォローされないだけであり、興味が勝っていればフォロワーになるだけ、嫌われればリムーブされるだけの事です。
 従って、本記事で定義したGawkerの元記事「The Eight Types of People to Unfollow on Twitter or Defriend on Facebook」と私が追加したタイプを意識する必要性はなく、自由気ままにツイートすれば良いのです。
 尤も、「TwitterやFacebookで嫌われる13タイプのユーザー」に苛立ちを覚えたのだとしたら、それはフォロワーを意識している事への裏返しですから、趣味として活用していても、何かしらの意図、凡そ、フォロワーを増やしたい、と云う願望の顕れでしょう。
 しかし、残念ながら本記事は、フォロワーを増やす事を目的とした内容ではなく、フォロワーを減らさない事に重点を置き、より多くのビジネスアカウント保持者が気軽に注意を払う事の出来る訓戒の様なものです。
 つまり、フラットな状態でTwitterマーケティングを実行する上での下地作りであり、実施するプロモーションを効果的に演出する為、余計な技術や仕掛けを意識しない没個性の必要性を説いただけである事にご注意下さい。
 実際、各々のプロモーションに最適化する為には、複雑でより多くの手法を伴います。従って、個々にカスタマイズした活用法が必要となります。この辺りは「Twitterの活用法は1つだけではないのですが?」と併せてご覧下さい。

 今回、書く内容は、ビジネスアカウントによるWebマーケティングの一環、と云うよりは、既に嫌われる13タイプに該当するユーザーの為に、その短所をセルフブランディングに応用する事が可能である旨を伝えておきます。
 ちなみに、ビジネスアカウントでも可能ですが、大変、難易度の高いアカウント活用法である為、実践しない方が得策です(ファン選別法の一環として活用する分には易しいです)。
 あくまでも、趣味や個人名義アカウントで“ある程度"のプロデュースへの転換法ですからご注意下さい。

『Twitterの嫌われ者達に朗報!短所をそのままに小規模コミュニティの人気者へ』の続きを読む
posted by EINS at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年05月19日

ソーシャルフィルタリングは知的好奇心と発想力の低下を招く元凶

 ちょっと煽り過ぎですかね、このタイトル?

 始めに断っておきますが、私自身はソーシャル・フィリタリングに関しては好意的ですし、時間がない場合等、寧ろ、効果的だと思っています。
 実際、私のTwitterアカウント「@einsweb」でも4/8迄は、極一般的なソーシャルフィルタリングとしての活用法を実践していましたし、別アカウントでは今でもそのまま利用し続けています。

 今回、この様な内容を書くに至ったのは、以前エントリーした「Twitterの活用法は1つだけではないのですが?」と云う記事に基づく実践としての一環です。

 ソーシャルフィルタリングそのものの考え方は、実に論理的で効果的ではあるのですが、正直な処、万人向きではありません。
 そこで今回は、その理由とメインストリームとして話題に上っているフィルタリングとは別の方法をお伝えさせて頂きます。

正確にはソーシャルフィルタリングを目的とした手法ではありませんが、似た様な効果を獲得する事が出来ます。

『ソーシャルフィルタリングは知的好奇心と発想力の低下を招く元凶』の続きを読む
posted by EINS at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年05月07日

使うべきソーシャルメディアを取捨選択する7つの基本事項

 どちらかと云いますと、私は提供されているサービスは選り好みせず、活用して行く事を奨めているのですが、ご存知の通り、既にソーシャルメディアとこれに付随するサービスは無数にあり、これら全てを利用するのは非効率、且つ、現実的ではありません。

 無尽蔵に時間やスタッフが存在している訳ではありませんから、必然的に選択せざるを得ず、使うからには、より効果的である必要性が問われます。
 従って、どのソーシャルメディアを選び、これを使いこなすか、と云う事が重要になってきます。

 今回は、上記の点を鑑みて、活用すべきソーシャルメディアの見極め方、取捨選択の指標となる基礎要項を簡単にお伝え致します。

『使うべきソーシャルメディアを取捨選択する7つの基本事項』の続きを読む
posted by EINS at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2010年04月30日

Twitterで著名人をフォローする必要はない!

 今日の記事は実に簡単です。

 ツイッターをビジネスで活用する上で、所謂、“著名人"をフォローすべきか否か、と云う点。

 先に回答をしてしまいますが、著名人のアカウントをフォローする必要はありません!
 理由は簡単です。上限値のあるフォロー数を著名人の為に割く必要がないからです。

 概ね、著名人のTwitterは公開されています。当たり前です。著名人もプロモーションに使っているのですから。
 従って、著名人のツイートを見たければ、見に行けば良いだけであり、自身のTLに収集しておく必要性がありません。
 著名人がフォローを返す可能性は極めて小さく、リプライを送ろうが、DMを送ろうが、凡そ、期待しているものは得られません。
 万が一、リツイートされたとしても、そこから得られる効果はフォロワーが数名増えるかどうか、と云う程度です。

 もし、効果を求めるのであれば、著名人からのリツイートやリプライを期待するのではなく、著名人のツイートをリツイートした方が良い、と云えます。
 この場合、正確にはRT(ReTweet)ではなく、QT(Quote Tweet)、即ち、転載ではなく引用する事です。

 著名人のツイートに対し、敢えて反論を記載してQTしてみては如何ですか?
 ディベート好きの方が縦横無尽にリツイートしてくれますよ♪

 Twitterの強みは、発言した140文字以内のtweetが自分のアカウントを飛び出して一人歩きする事にあります。勿論、TLに様々な情報を集積させると云う点も同じくらい重要です(本当はこちらの方が重要なのですが、これは別の機会に書きますね)。

 マーケティングと云うよりブランディングですが、著名人アカウントを活用するのであれば、QTする程度で充分でしょう。
 著名人とのコネクション構築等を期待するより、遙かに効果があります。

 但し、今回、記載した内容はあくまでもブランディングです。

 本来のTwitterマーケティングにおいて、著名人は不要であり、第一に業種業態に対して最適化する事が最重要課題です。

 間違えないで下さい。

 著名人達は、貴方や私に興味はありません。
 それ処か、今いるフォロワーの皆さんですら貴方や私に興味はありません。

 だとしたら、どちらを優先しますか?
 答えは至極簡単。今いるフォロワーを優先すべきです。
 敢えて、フォロワーに対する価値判断を考慮したとすれば、これが答えです。


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。