2007年10月15日

情報リテラシーを学ぼう:加熱報道篇

 マス・メディアが、またもカッカしている様なので、12日の記事に引き続き、情報リテラシーについてお知らせ致します。

 既にご承知の通り、凄い報道の嵐になっております、「亀田家」に対して。
 連日、各メディアで取り上げられ、記事を目にしない日がない程です。

 大方、大バッシングと極少数のバッシング反論でしょうか?
 恐らく、その内、事態収集的報道もなされるのではないでしょうか、あまり関係のない著名人の言をかりて?
 と云うか、既にJBC倫理委から処分が下った様です(協栄ジム金平会長に3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、亀田史郎氏にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にボクサーライセンス1年間停止、セコンドについた兄・興毅選手には厳重戒告処分)。

 さて、この過熱報道振り、皆さんはどう思いますか?
 今に始まった訳ではないですが、やけに耳障りですよね?

 ここ数ヶ月だけを見ても、参院選前後の政治と金について、朝青龍仮病問題、首相退陣問題、沢尻エリカ発言、時津風部屋暴行問題、そして、亀田家騒動。
 勿論、参院選前後の金銭問題や首相退陣劇、時津風部屋での暴行事件等は重大です(時津風部屋に関しては問題視されるのは遅過ぎな感も否めません)。
 しかし、報道の過熱振りと云った観点から云えば、横綱・朝青龍関や女優・沢尻エリカ、ボクサー・亀田大毅選手の取り上げられ方には、たじろがされる思いがします。

 持ち上げてから一気に堕とす、よくマスコミでは見られる光景ですし、時に不正を暴く事や事態が良い方向に動く事もありますので全てが、悪い、とは思えません。
 ですが、これだけ一点に集中されると、冷静な判断を阻害される畏れに駆られます。

 今回も少し長くなりますが、お手透きの方は続きをどうぞ♪


 個人的にですが、アンチ朝青龍ファンで、沢尻発言や態度には流石に眉を顰め、先日のタイトルマッチでは内藤選手を応援しておりましたので、各報道自体には特別、違和感は持っていませんが、事態が加熱し過ぎている感には肝を冷やす思いがしました。
 個人的見解が、たまたま、報道の方向性と合致していただけなので、報道内容そのものを問題視するつもりはありませんが、集団ヒステリーを煽る様な偏重報道だけは避けて貰いたいものです。

 例えば、12日に書きました記事は、TBSの偏った実況に問題、と云うニュアンスから、リテラシーを身に着けよう、と記載致しましたが、これは現実的なファンの動向や純粋なボクシング技術をマス・メディアによって欺かれない為の方法、転じて、より身におし迫った詐欺事件や政治背景に巻き込まれない判断力を養う一つ考え方、としてご紹介致しました。

 今回の場合、この真逆の事態が起こっています。
 試合後当初の報道では、内藤選手の勝ちを報じ、その後に亀田選手の反則行為に触れ、TBSへの大量のクレームに注目、こぞって別の報道機関が亀田家と商業主義を攻撃、いつしか、言論による“いじめ”の様相を呈しています。
 土日を挟んだ為、平日のニュース番組が再度、これに触れるのは予想していましたが、明日以降にも引っ張るのであれば、これは既に「注目されるであろう内容故の報道」となり、既に多数派を占めるアンチ亀田指向への迎合、若しくは、エンターテインメント化してしまいます。
 エンターテインメント化した特定個人への攻撃は、考えただけでも恐ろしいです。

 勿論、今回の問題の発端は、亀田家による今迄の発言や態度によるストレスからなる反発な訳で、擁護する気にはなりませんが、これを是としていたのはマス・メディアであり、興行的な成功を求める方々や近しい著名人達の軽やかな応援なくして、語る事は出来ません。

 マス・メディアによる集団的過熱取材(Media Scrum)が、集団間バイアス(Intergroup Bias)に寄り掛かり、これを増長させる、或いは、その可能性を示唆するのは如何なものでしょう?
 勿論、スポーツ観戦だけであれば、これはまた、面白いのですが、そうではない報道に迄、これが作用してしまうと困った事態が起きます。
 例えば、導入が決定している裁判員制度へのメディアスクラムの影響等、現時点で既に問題視されています。


 あまり細かく触れていても話が進まないので、ザックリとした見解を。

 楽しむ為の情報と判断基準として活用する為の情報とでは分けて捉えた方が良いのでは、と思います。


 さて、本日は深い時間帯ではありますが、TBSでボクシング番組があります。
 果たして、何人の方がご覧になりますでしょうか?
 昨日のタイトルマッチでのTBSの実況を全否定しましたが、私は見ます。ハイ、只のボクシングファンです。


 と云う訳で、


 じゃあの。


posted by EINS at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

亀田大毅と亀田史郎に福田康夫首相が「スポーツマンらしくやってほしい」
Excerpt: 福田康夫首相は15日夜、日本ボクシングコミッション(JBC)がタイトル戦で反則を繰り返した亀田大毅選手と父親の史郎氏をライセンス停止処分としたことについて「スポーツの世界でフェアネス(公平さ)は大事だ..
Weblog: ニュースを毎日記録する
Tracked: 2007-10-16 16:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。