2010年07月07日

「電子書籍と紙の本の読書スピード比較」云々から紐解く情報リテラシーとマーケティング

 エントリーする程のネタでもないのですが、今朝、テレビのニュースでも報じられていたので、少しだけ違った視点から記事にしてみよう、と思います。

Reading on Paper is Faster than iBooks on the iPad」by PCWorld

電子書籍は紙の本より読書スピード遅い――専門家がテスト」by ITmedia News

 上の2つの記事は、Nielsen Norman GroupのJakob Nielsen氏の小レポート「iPad and Kindle Reading Speeds」を元に書かれています。

 原文をご覧の上、情報リテラシーとマーケティングの観点から少しだけ考察してみます。





 まず、PCWorldとITmedia Newsの記事のタイトルに注目してみて下さい。
 これは、Jakob Nielsen氏の小レポートの概要に該当する見出しとなっています。

 このタイトルだけを見てしまうと、単に紙媒体の書籍と電子書籍とでは、紙の方が読むスピードが早い、即ち、読み易い、と云う情報片のみ読み取れます。
 このタイトルをイメージして記事を読み進めると、普通の本が読み易く、iPadは6.2%劣り、Kindleは10.7%見劣りする、と云った印象が先行し、詰まるところ、タブレットで文章を読むより、本で読む方が有効である、の様なニュアンスに読み取れてしまいます。
 実際、テレビのニュースで取り上げた内容としては、やっぱり本のが読み易いんだよね、と云った伝え方になり、恐らく、視聴者の大半がそのままの印象で受け取ってしまう訳です。

 しかし、小レポートの原題は「iPad and Kindle Reading Speeds」となっています。
 AppleのiPad(第一世代iBookアプリ)とAmazonのKindle 2の読書速度を比較する為、紙の書籍やPCとの対比が盛り込まれいます。
 そして、注目すべきは「not statistically significant(統計的に重要ではない)」と結果報告しています。
 続けて、「In any case, the difference would be so small that it wouldn't be a reason to buy one over the other(どのような場合でも、その違いはとても小さい為、どちらを購入するかの理由にはならない)」としています。

 実は、PCWorldとITmedia News両記事とも、原文をしっかりと踏襲し、これを明記してはいるのですが、記事タイトルを原文の概要から引用し、キャッチーにしている為、斜め読みをしてしまうと、デバイスとアプリの違いによる極端な差は見当たらない、と云う本質が薄らぎ、紙媒体vsデジタルデバイス、と云う図式に焦点が注がれ、テレビの様に紹介枠が短く、よりエンターテイメント性が問われる媒体においては、表現し易い構図に再構築されてしまう場合があるのです。

 所謂、広義な情報リテラシーに該当する、情報そのものの精査や評価、収集、判断、基準と云うものが、紹介される情報源から削がれてしまい、受信者(情報の受取手)の判断を曇らせてしまうケースと云う場合が多々あるのです。

 例えば、PCWorldの記事では「That said this study leaves a lot to be desired owing to its small test group size, but it would be interesting to see a similar study on a much larger scale(被験者数が小さいので宛にならないが、大規模で実施すれば興味深い)」とも書いてあります。

 そうです。この実験の被験者は24名と少なく、また、この被験者達は「like reading and frequently read books(読書好きで頻繁に本を読む)」人々なのです。
 読書が好きでよく本を読む、と云う事は、紙媒体の書籍にそれだけ慣れている、と云う事です。
 純粋に活字を読む、と云うよりは、本と云う形式にそれだけ慣れ親しんでおり、タブレットで読む事に慣れているユーザー、若しくは、デジタルネイティブ世代であれば、調査結果は変わるでしょうし、書籍そのものの内容によっても変化がある筈です。
 例えば、書籍の内容が、小説なのか、ニュースなのか、エッセイなのか、図解なのか、漫画なのか等々。更に付け加えれば、内容そのものがユーザーの既知の情報であるかないか、その目的(レポート提出なのか口頭での感想なのか、参考として読むのか等)の違い、狭義なリテラシー能力(タブレット操作やアプリ機能の習熟度)等、様々な切り口での調査が必要になります。

 残念ながら、Jakob Nielsen氏の小レポートからでは読み取れる情報と環境が少ない為、今回の内容はあまり参考になりません。
 だからこそ、冒頭で「エントリーする程のネタでもない」と前置きをさせて頂いたのです。

 要は、情報リテラシーを発揮する上で、正しく「Not statistically significant」ので、このリサーチ結果は、各人が何等かの能動的な消費行動や選択肢の指標とすべきソースには成り得ない、とだけ云えるのです。


 では、この小レポートは無駄なのでしょうか?

 いえ、違います。
 このデータを元に如何様にでもマーケティングに活かす事が出来ます。正確にはプランニングにおける指標の1つとしてです。

 例えば、紹介記事のタイトルやテレビでのニュースでの説明の様に、電子書籍より紙媒体の書籍の方が読み易い、と云う箇所だけピックアップすれば、比較論として、本の良さをPRする事が出来ます。
 或いは、User Satisfaction(満足度)の観点でのポイント差をピックアップする事で電子書籍の良さをPRする事も出来ます。
 レポートでの結果に基づき、Kindleを奨めるのであれば、現時点において、各媒体における差は小さく、問題ない旨を伝える事も出来ますし、その逆に、iPadを奨める事も出来ます。
 PCのユーザビリティを向上させる為、若しくは、電子書籍を読み進める助けとなるPC用アプリの開発の必要性を説く事も出来ますし、満足度で劣る紙の本の品質向上、若しくは、電子書籍への事業展開示唆等の指標にも使えます。

 レポートのどの部分を切り取り、どこにフィーチャーするかによって、様々なアプローチの為の情報源として応用する事が可能であり、それは情報操作と云うよりは、1つのフィルタリングとしてのハブ的立場から、どこに焦点を当て、何を読み取り、どう云った指向性を与えるか等、選択幅を持たせる論拠としての利用が出来るのです。

 調査や論説に、肯定・中立・否定と多くの意見が集まるのは、純粋な情報リテラシーの高低や価値観の相違だけではなく、上述の様なマーケティング視野からなる思惑も交錯する為、と云えます。

 立場の違いや戦略的な思考から、情報は様々に変容します。
 今回、小レポートの原文と紹介記事との間に、恣意的な改変や誘導は見られませんが、ニュースと云う形で伝えるにおいて、ある程度のベイティングは考慮されていますから、これを只なぞってしまうと、誤った認識や偏見を生む可能性があるのです。
 特に、情報をキャッチーに伝え、その情報そのもので訴求し、その利益の大半をスポンサーに依存するテレビニュース等は、かなり根深く、強固なフィルタリングが張られています。

 情報は、読み取る場合においても、発信する場合においても、様々な検証が必要であり、これを上手く使いこなす必要があります。
 皆さんも是非、その利用法を考えてみては如何でしょうか?


 それでは、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
意識を高く持つ事の尊さとその姿勢がマーケティングの基礎となる
ニコニコ生放送「ウェブマーケティング講座」不定期配信中!
久し振りに相互リンクを募集致します
ツイッターマーケティング&ブランディング・コンサルティングサービス始めました
トライアルコンサルティングサービス『マイセイジ』がパワーアップ!


posted by EINS at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。