2010年06月28日

アンカーテキストリンクの色を変えてLPO効果を向上させる

 LPO(Landing Page Optimization)とは、Webページ上でのユーザー導線を最適化し、情報を的確に伝え、目標となるリンクのクリック率を高めたり、問い合わせ数を向上させたり、とユーザーを離脱させない様に考慮した手法の事を指します。

 LPOには様々なテクニックがありますが、石川雅樹氏のブログ「ウェブ力学」に1週間くらい前にエントリーされた記事「最適なテキストリンクの色は?」が大変、面白かったので、これを紹介しつつ、簡単な記事を書いてみたいと思います。





「サイト内のテキストリンクの色は何色にしているでしょうか?デフォルト色の(#0000ff)にしている人が多いのではないかと思います。

ただ、実際に大手サイトをのぞいて見ると、意外にデフォルト色を使用しているケースは少ないことがわかります。」

ウェブ力学「最適なテキストリンクの色は?」より一部抜粋


 LPOと云うと、画像の配置やらテキストやコンテンツの整合性やらばかりに目が行き、事実、これは大きな要素なのですが、細かい事を云えば、アンカーテキストリンクの色の違いさえ、CTRに影響を与えるものなのです。

 カラーの違いがクリック率に影響を与える事は、LPOに造詣の深い方なら気付き、これを実施しているとは思いますが、ウェブ力学さんの面白いのは、著名なサイトのテキストリンクカラーを一挙に公開した事にあります。
 私も社内では普通にデータとして持っており、幾つかの著名なカラーは諳んじていたのですが、分かり易く公開する、と云った考えがなかったので、感心しました。

 と云う訳で、私も備忘録的にまとめておきましょう。

Google:#1111cc
Yahoo!:#0000de
bing:#0033cc
NAVER:#0036d3
百度:#0000cc
goo:#0033cc
Biglobe:#0000de
excite:#0000ff
livedoor:#0000ff
@nifty:#0022cc
so-net:#0000cc
mixi:#258fb8
Youtube:#0033cc
ニコニコ動画:#1111cc
Twitter:#0084b4
Wikipedia:#0645ad
はてな:#1841ce
楽天:#0000ff
ぐるなび:#07519a
Apple:#0088cc

 基本的に青系である事に変わりないのですが、微妙に異なります。

 カラーは、アンカーテキスト単体と云うよりも、全体的なデザイニングの色調によってCTRに影響を与えますから、どの色が最適、と云う訳ではありません。
 アンカーテキストによって変更して調子を見る等して、自社サイトに最適なリンクカラーを見付けてみて下さい。
 リンク色だけでも、かなりの変化が現れますから、是非、お試し下さい。


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
妙な洗脳や自己暗示は適切なサイト運用を妨げる最大の敵
ニコニコ生放送「ウェブマーケティング講座」不定期配信中!
ツイッターマーケティング&ブランディング・コンサルティングサービス始めました
ニコ生放送「ウェブマーケティング講座」開始!
トライアルコンサルティングサービス『マイセイジ』がパワーアップ!


posted by EINS at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。