2010年05月23日

ツイッター初心者ユーザーの楽しみ方を模索してみよう

 今日は休日と云う事で、マーケティングやビジネスに関係のないツイッターの楽しみ方でも伝えて行きましょう。

 初めて間もない一般ユーザーのツイートの中にちらほら踊るのが、面白さが分からない、楽しみ方が分からない、つまらない、と云ったニュアンスです。

 以前から、Twitterを使う事への啓蒙的な話は慎んでおり、これからもTwitterを奨めるつもりはないのですが、既にアカウントを取得して利用しているビギナーの方で、その楽しみ方に疑問を抱いている方に、少しだけ記述してみたいと思います。





 まず始めに、全くツイッターが面白くなく、やる気が失せたのであれば、素直にアカウントを削除する事をお奨めします。
 恐らく、丁寧なガイド機能やコンテンツを用意されていないと楽しめない方だと思われますので、ゲームや他SNSの方が向いていると思われます。

 ツイッターを他のSNSと一緒の感覚で使って行くと、恐らく、意味が分からなくなると思います。
 ツイッターは他のSNSの様に、数多くの限定機能が用意されている訳ではありません。
 従って、使い方はユーザー自身で模索して行くものになります。
 ツイッターの自由度は、極めて高く設定されていますから、100人いれば100通りの使い方が出来るのです。

 ツイッターは、マイクロブログ、と云うジャンルに該当します。
 ですから、そのメイン機能は、140文字以下の短文をポストする事にあり、記事の投稿がツイッターでの主たる目的になります。


 ビギナーの方のツイートに見られたのが“GREEやmixiみたいに絡んでくれないからつまらない"と云うつぶやきを見ました。

 これは、コミュニケーション(レス)を欲してるからに他なりませんが、ツイッターの場合、リプライ(個人宛のツイート)やリツイート(他者のツイートを転載・引用)はユーザーの自由である為、強要するものでも期待するものでもありません。
 本来、他SNSでのコミュニティでもポストは自由なのですが、ツイッターの場合、自身をフォローしてくれているユーザーのタイムラインには、否応無しに自身のポストが表示されますから、レスを残す迄もなく、ツイートを見ている訳です(可能性が高い、と云う意味…相手のフォロー数が多ければ流れてしまっています)。
 つまり、他SNSの日記や掲示板の様に、見ているかどうかの確認を促す為のレスは基本的に不要と云う事になります。
 もし、どうしてもレスが欲しい場合には、無数にあるbotをフォローし、リプライを飛ばせば、好みのbotからリプライを貰えます。

 ツイッターは、レスを強要されない点において時間に束縛される事が少なく、挨拶返しに浪費する手間を軽減出来ます。
 興味があるツイートだけでに反応する事が一般ですから、等しい時間でより多くのユーザーとコミュニケーションが可能になります。

 もし、GREEやmixi並の絡みを期待しているのであれば、GREEやmixiで充分です。
 但し、積極的にリプライやリツイートをして行けば、GREEやmixi以上のコミュニケーションも可能です。
 その理由は、リアルタイム性にあり、時間を共有しているので短時間においてリプライを飛ばしあう事も出来ます。


 面白くない、楽しくない、よく分からない、と云うツイートをされる方の場合、まず、ツイート数を増やす必要があります。
 間違ってフォロワー数を伸ばそうとしてしまうと、リフォロー探しに勤しむ事になり、全く意味不明なツールになってしまいます。

 フォロワーを増やす、と云う楽しみ方もありますが、始めたばかりの時は、趣味の合うユーザーをフォローし、コミュニケーションを図る方がツイッターの機能を使いこなす上では良いと思います。


 ツイッターの場合、ブログや日記よりも遙かにポストが豊かになります。それだけに、SNSよりもユーザーの趣味や嗜好性、考え方の幅を広く知る事が出来ます。
 従って、スポットを絞って濃密な接点を持つ事もでき、逆に幅広い意見を得る事もできます。

 同じ考え方や趣味、意見を募集したり、アンケートに利用できたり、大喜利やネタポストも自由に行えます。
 始めたばかりの時は積極的にフォローをする事が、ツイッターを楽しむ近道となりますから、どんどんフォローしてみるのが良いと思います。

 私のビジネスアカウント@einswebは、かなり特殊な使い方をしているので、他のビジネスアカウントとは全く異なります。
 ほぼ、趣味アカウントの様になってますから、もし、今一つ、ツイッターの楽しみ方が分からない方は是非、フォローしてみて下さい。
 但し、1日当たりのpost量は比較的多めですから、タイムラインが埋まってしまっても怒らないで下さいね。


 それでは、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
Twitterの嫌われ者達に朗報!短所をそのままに小規模コミュニティの人気者へ
ツイッターマーケティング&ブランディング・コンサルティングサービス始めました
Twitterでフォロワー10,000名以上を獲得する最短の方法
10日でフォロワー数を10倍にする方法
Twitterの活用法は1つだけではないのですが?


posted by EINS at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。