2010年05月06日

胡散臭いと思ったらクリックしない、購入しない

 本日だけでフィッシングにおける注意勧告を2つ目にしました。

 1つは、マカフィーの発表で、Twitterユーザーを対象としたフィッシング詐欺で、「Twit 73-923」と云う件名でTwitterのサポートを装ったもの。
 本文には、「You have[some number of]delayed message(s)from Twitter(Twitterからの遅延メッセージがあります)」とあり、フィッシングサイトへのリンクが貼られており、誘導されてしまうとPCが感染し、個人情報が流出してしまうと云う内容です。

 2つめは、トレンドマイクロの発表で、「Amazon」を装う迷惑メールが増えている、と云うもの。
 「@amazon.com」を含むアドレスから巧妙に送信され、Amazonの本物のロゴも流用しており、掲載画像をクリックするとAmazonとは無関係の不正サイトに誘導されてしまうと云う内容です。

 これら、著名なサイトを騙った悪質なスパムは以前から沢山あります。
 これらのメールの場合、必ず、クリックする前に確認しましょう。
 定期的なメルマガなのか、問い合わせに対する返信なのか、何等かのアクションに対する自動送信メールなのか等、見極める必要があります。
 著名サイトからのお知らせの場合、間違いなく、そのサイト上に同様のお知らせが掲載されていますから、確認する時には直接、サイトにランディングした方が良いかも知れません。

 …と、ここ迄は受動的なスパムに対応するだけでの事ですから、それ程、難しい事ではないと思います。

 問題なのは、上記の様な受動的、且つ、悪質なマルウェア配布サイトではありません。

 インターネットをビジネスで活用し、その成果を早く求め様とすればする程、怪しげな情報に手を出しがちになります。
 その最たる例が、情報商材です。

 情報商材の全てが悪い訳ではありません。
 中には、素人でも分かり易い解説や注釈がつき、読み進めながら実行するだけで比較的簡単に特定の効果を得る事が出来るものもあります。
 書店に並ぶ全ての本が良い訳ではないのと同じ様に、情報商材の全てが悪い訳ではないので、高品質な情報商材を手に入れる事が出来た方はラッキーです。

 しかし、やはり粗悪品と云うものはあるもので、特に情報商材における粗悪品の占有率と云うものは極めて高くなっているのも現実です。

 特にWebマーケティング系の情報商材と云うものは、当たり障りのないマーケティング的な説明文と共に、何等かのツールやソフトが収められている訳ですが、大凡、それらはスパムツールに該当する傾向が強い、と云えます。
 一見、スパムとは無縁に思える海外ツールへのリンクがあり、その使い方の手順通り行えば、記載通りの効果を得る場合もありますが、ペナルティやマイナス要素については触れられていないケースが殆ど、と云えます。

 スパムに該当しません、と云う記述があったとしても、それはそのツールやソフトのリリース時点でスパム対策がなされていないだけ、或いは、制作者がスパム判定されるファクターを知らないだけ(知っていて尚、制作する者もいます)の可能性が高い、と云えます。

 情報商材、並びにスパムツールと云うものは、消費者向けに提供されています。
 BtoC、若しくは、CtoC、に該当します。
 従って、その価格帯は、個人が購入可能な価格帯に設定されています。
 つまり、数千円から数万円程度のものが殆ど、と云う事になります。

 しかし、注意して下さい。

 それらの商材が、本当にキャッチコピー通りの利益を齎すものだとしたら、その利益率はどのくらいになりますか?
 計算すればすぐに分かりますが、おかしな数値になりますよね?
 まるで、胡散臭い投資の様な話です(実際には、詐欺紛いの投資話よりも利益率が高くなりますからグレーではなく、完全なブラックです)。

 要は、そんな上手い話はない、と云う事です。

 情報商材と云うものは、手離れの良い商材です。
 即ち、売り手が圧倒的に有利な立場にあります。
 責任の有無ではなく、そもそも販売者と購入者との間において、売買以外の接点がないのです。
 小銭だから関係ない、と思って繰り返していると、それなりのものを購入出来る程度の資金をドブに捨てる羽目になりますから気を付けましょう。

 胡散臭いと思ったら、クリックしない、購入しない、そう心懸けましょう。
 ラッキーヒットはなくなりますが、失敗する事もありません。
 変な商材を購入するぐらいなら、リーズナブルな弊社のコンサルティングトライアルサービス『マイセイジ』をご利用下さい。
 遙かにお得ですし、個人の方でもご利用頂けます。


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。