2010年04月27日

SEO対策とツールマニアは根本的に違う

 先日、Search Engine Journalに掲載されたAnn Smarty氏の記事「A New Feature-Rich SEO FireFox Addon: SEO Doctor」で紹介されたFirefofのアドオン『SEO Doctor』。

 このSEO Doctorと云うアドオン、兎に角、多機能。
 凡そ、SEO対策に必要とされる基礎的な情報を、このアドオン1つで網羅出来ます。
 恐らく、SEO関連のツールで有償サービスを展開している法人にとっては大打撃ではないでしょうか?

 今回、SEO Doctorを記事に取り上げたのは、このアドオンの魅力を語るの為でなく、SEO対策そのものに対する取り組み方についてです。
 SEO対策と云うものがそもそも何なのか?
 その根本的な概念について、皆さんに再確認して頂きたいと思います。





 始めに、SEO Doctorと云うFirefoxのアドオンは、かなり優れたツールですから、入手しておいても良いでしょう。
 作業の効率化を図る上で、結構役立つかも知れません。

 さて、SEO対策、と云うものに造詣が深くなってくると、どうしても陥りがちな病気があります。
 それが“ツール依存症"です。

 ツール依存症は、何もSEO対策にだけ当て嵌まるものではなく、結構、どんなものにでも存在します。
 弊社では、公開しているツールや有償ツールの提供はしておりませんが、社内作業の効率化と分業における指標、若しくは、御札代わりの軽やかなアイテムの1つとして使っております。
 しかし、ツールに頼ったり、これを絶対的な指標として活用する事はありませんし、有り得ません。

 当然の事ながら、ツールと云うものは、幾ばくかの相対指標でしかなく、作業効率をそこそこ上昇させる為の補助的なものでしかなく、これに頼ると本質的なものを見失います。
 ツール開発者の視点から云えば、自身で作ったツールのアルゴリズムに、自身の考えが縛られる事程、愚かな事はありません。
 勿論、自己暗示を掛けたいのであれば、それでも良いのですが、その様な妄想に囚われていると、新しいアイデアや開発の視野が狭くなり、何1つ良いものを創造出来なくなる為です。

 要は、ツールは万能ではない、と云う事です。

 古くなれば全く意味を失いますし、ツール頼みだと理屈を理解していませんから、そのツールを失った時点で何も出来なくなってしまいます。
 例えるのであれば、数学において公式を覚えただけでは、本当の意味でそれを理解していない為、応用が利かない、と云う事になります。

 当然、SEO対策のプロフェッショナルである必要性はありませんから、提供されたツールを使いこなす事が重要ですし、基本的に問題はありませんが、傾向として依存し始めてしまうと質が悪い、と云えます。

 SEO対策とは、特定キーワードにおいてSERPsで上位表示させるだけの技術ではありませんし、テクニックを競う訳でも予想を的中させるだけでもありません。況して、ツールの示す数値に一喜一憂するものでは断じてありません。
 以前の記事「Yahoo!のアップデートに一喜一憂するSEOは、SEOじゃない!」でも書きましたが、SEO対策とは、検索エンジンからより多くのトラフィックを呼び込む為の総合的な考え方であり、これに知識や技術が必要になるのです。
 そして、これはマーケティングの視野から考慮しなければビジネスにおいては無意味であり、上位表示のみの知識や技術を磨いただけでは、ゲームと変わりません。

 各種検索エンジンのアルゴリズムが貧弱であった2003〜2004年当時、SEOをゲーム感覚で楽しむ行為が蔓延した事があります。
 ゲーム感覚で楽しむのも良いですが、ビジネスにおけるSEO対策を理解しておかないと、いつ迄経っても効果を期待する事が出来ません。
 その効果とは、利益を齎すトラフィックを導く為のSEO対策に他なりません。

 匿名性を確保した上、ネット上でのマナーを無視してスパムを繰り返すアフィリエイターと異なり、法人サイトと云うものは、事業そのものの価値を向上させるべくSEO対策に望むべきであり、ツールごときに左右されるべきものでありません。

 本物のSEO対策とは、本質的なマーケティングを理解した上でのプランニングが必要であり、メーターが示す見掛けの数字とは無縁です。

 例えば、成果型のSEO対策サービスで、特定キーワードで上位表示を狙い、これが達成された、としましょう。
 売上は伸びましたか?認知度は向上しましたか?反響はどうですか?そのコンテンツや事業において、将来的な伸びしろに繋がる様なパフォーマンスは向上しましたか?何等かの要望を聞き取る事が出来ました?新たなビジネス展開を想像出来ますか?何より、満足してますか??

 ツールマニアやデータマニアになってしまうと、本質的なビジネスチャンスを失います。
 ツールやデータは過去の積み重ねであり、将来の指標には成り得ないからです。
 この基本的、且つ、根本的な本質を見失うと、何等利益をもたらしません。

 ギークだけでSEO対策ができ、これがビジネス的に成功するのであれば、皆、成功している筈です。
 しかし、現実問題として、そうなってはいませんよね?
 この辺りをよく理解しておきましょう。

 特に、法人サイトやECサイトの担当者は、上述の事を忘れない様、気を付けて下さい。
 半年無駄にすると2年後の損失は大きいです。
 それは単なる2年後の結果ではなく、プランニング時点での想定と比較して、本来得るべき利益との差からなる損失を指しますから、充分注意しましょう。


 それでは、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
QDFとREによるTwitter SEOの短期的効果を長期的SEO効果に変える7つの方法
短期運用で効果を獲得するSEOは、断じてSEOではない!
Yahoo!のアップデートに一喜一憂するSEOは、SEOじゃない!
Twitter SEOは顕在。肝はリツイート!
QDFへの対応でSEO対策コストを抑える


posted by EINS at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。