2010年04月20日

Twitterマーケティングの基礎:序

 昨日の記事「10日でフォロワー数を10倍にする方法」の予告通り、Twitterマーケティングについてご紹介します。
 と云っても、全てを書くと記事が長くなり過ぎますので、何回かに分ける予定です。
 何回になるか、いつエントリーするかは気分次第ですが、焦らず気長に待っていて下さい。

小出しにして引っ張るつもりではありません。本当に長くなってしまうのでご容赦下さい。





 まず、Twitterと云うツールはソーシャルメディアの中でもコミュニケーションの容易さとリアルタイム性に特化しているもの、とご理解下さい。
 また、ここではTwitterの“楽しみ方"についても言及して行きます。
 純粋にビジネスツールとして使う方には不要かも知れませんが、Twitterの楽しさが分からない方、と云うのも存外多いもので、凡そ、その楽しみ方も記述しておきます。
 端から“つまらない"、或いは、やってみたがつまらなかった方を啓蒙する目的ではありませんから、興味のない方は読み進める必要はありません。

◎取り組み方について

 ビジネスにおけるTwitterの使い方は、大まかに分けて4種に区分されます。

1.The Conversationalist
 ビジネスアカウントである事は明白ですが、ビジネスに直結する内容やアクション用と云うより、一般的なおしゃべりに参加する傾向が強いのが、このカンバーセイショナリストです。ビジネス上では間接的、或いは、メリットがあるのかどうか分かり辛いものの、何等かの目的がある事だけは明確です。

2.The Conversational Marketer
 カンバーセイショナリストとは異なり、より明確にビジネス目的である事を前面に打ち出しており、カンバーセイショナリストよりも遙かに多くのリンクを自身のブログや自分名義の別ソーシャルメディアのアカウントに向けて貼っています。
 定期的な情報の伝達やセッション的な会話にも参加し、ビジネスネットワーク構築に勤しむが、気さくな印象を持つのが特徴です。

3.The Salesman
 50%以上が宣伝・告知として利用され、極端に会話が少ないアカウント、それがセールスマンです。
 基本的に優先されるのは宣伝であり、機械的な印象があります。
 当然の事ながら、ビジネスにおけるTwitterによるPR効果を第一としていますからコミュニケーションは乏しいものの、皆無と云う訳ではありません。

4.The Broadcaster
 ほぼ100%、宣伝目的で利用されるアカウントが該当します。
 スパマーと云う語が適切かも知れませんが、時にそれらの情報を欲しているユーザーにとっては有用である事からブロードキャスターと云う名称で紹介しておきます。
 ブランディングが構築されている事が前提で、純粋な情報発信やサービスプロモーションにおいては効果的とも云えるスタイルかも知れません。

 ちなみに私の法人名義のアカウント「奇妙な社長 (einsweb) on Twitter」のスタイルは、カンバーセイショナリストに充当します。
 4/8前後でデータ量は変わるのですが、以前は5〜20/1day、現在は30〜45/1dayぐらいのtweet量ですが、今現在、自身のブログへのリンクは5%程度、ニュースや情報系ブログの紹介が2〜3割、後はおしゃべり、と云った感じです。
 ちょっとtweet数が多いのですが、この理由は後程書きます。

 私のアカウントに、この4スタイルのリストを作成済みです。
 まだ、仕分け作業をしていませんが、少ないながらもスタイルの差を、そのつぶやきから見て取る事が出来ます。
 スタイルの違いは如実ですから、ご覧になってみては如何でしょうか?

 1〜4のスタイルの内、どれが最適なのか、と云うのはありません。
 目的や業種によって使い分ける事が出来ます。

 例えば、私の様な業種、ITやらWebやらシステム、プログラム、デザイン、マーケティング、コンサルタント辺りの場合、クライアント獲得の為であればセールスマンに徹し、同業者とのネットワーク構築であればカンバーセイショナル・マーケター辺りが妥当です。
 何故、この様な使い分けが妥当かと云うと「中小零細企業/起業家向けファンを獲得する10の手法」をご覧頂ければ分かると思います。

 関連性、及び、一貫性のあるtweetは、その情報に興味を抱くユーザーにとっては重要であり、それらを意識するのであれば、カンバーセイショナル・マーケターかセールスマンが最適化され、前者は同業者とのコミュニケーション分、後者より会話が多くなり、必然的にスタイルに変化が現れます。

 少し雑になりますが、業種業態において向き不向きなスタイルを区分しておきます。

○カンバーセイショナリスト:
有利:CtoC、情報収集、興味対象の共有etc
不利:コンバージョン率低下、ターゲット不鮮明
問題点:コミュニケーションスキルが問われる上、直接的なビジネスに不向きな為、各種仕掛けが必要になる。基本、趣味で使っているのと変わらない(或いは、そう見える)。
 tweet数が増え、tweet全般が軽くなりがちになり、親近感は向上するが、重厚さは失せる傾向が強い。無駄なtweetにより、期待感を持つユーザーのリムーブを増長させる。

○カンバーセイショナル・マーケター:
有利:BtoB全般、責任者同士、著名人、オピニオンリーダー向け、ファン獲得etc
不利:ジャンル限定、ユーザー限定、疎外感、BtoC
問題点:ビジネスに直結させるポストが必要になる為、情報精査が常に問われる。結果、堅苦しくなり、ユーモアは失せる。
 必然的に営業用の受け応えが主となり、コミュケーションの煩わしさが問われる。伴い、tweet数は減少傾向、或いは、少なく抑えられる。

○セールスマン:
有利:オンラインビジネス全般、BtoC、新規顧客獲得、サポート業務etc
不利:フォロワー獲得、BtoB、ジャンル特定
問題点:ビジネス色が強い為、敬遠されがちとなる。受け応えの範囲も限定されている為、まるでbotの様。
 フォロワー獲得に邁進する為、根気が必要になり、且つ、業種によっては成果も上がり難い。

○ブロードキャスター:
有利:ブランド、ニュース、製品/サービス紹介、リピーター向けetc
不利:新規顧客獲得、フォロワー獲得、スパム扱い
問題点:tweetされるその全てが告知である為、無機的であり、反応もしない為、bot以下の扱い。
 不要な者からすれば確実にスパム以外の何ものでもなく、情報を欲している者とそうでない者との温度差が最も大きい。

◎フォロワーについて

 そもそも、フォロワー数が必要なのか否かについてですが、大きく分けて2つに分ける事が出来ます。

・商圏が限定される業種=フォロワー数の大小は不要
 特定地域においてのみ営業活動をする法人やECサイトを伴わない(或いは、店舗内でしかマネタイズ出来ない)店舗での営業等の場合、フォロワー数よりもフォロワーの質が重要になります。
 フォロワーの数は100〜200もあれば充分であり、その代わり、リツイートしてくれる様なファンの占有率がキーとなります。
 ネット上でのフォロワー獲得よりもオフラインでのフォロワー獲得に注力した方が効果があり、Twitterアカウントの告知は店舗内でのPOPやポスティング、名刺等、他媒体と連動させ、まずはリピーターをしっかりと確保し、そのリピーターのリツイートによる口コミ効果を目指すのが基本となります。
 
・商圏が限定されない業種=フォロワー数はそれなりに有効
 莫大なフォロワーがいる必要はありません。精々、フォロー上限値に変化を齎す程度、即ち、1,800〜2,000名もいれば充分でしょう(今のTwitterのユーザー数から考慮した場合です)。
 基本的に、伝えたい情報をフォロワーの誰かがリツイートされれば問題がなく、クリック数が純増すれば当面、問題視する程でもありません。
 但し、より効果を高めたい場合、ファン数を増やす必要がありますから、如何に注目させるかがキーとなるでしょう。

 昨日の記事「10日でフォロワー数を10倍にする方法」でも述べましたが、「フォロワー数≠ファン数」と云う事を忘れないで下さい。
 Twitterも他のソーシャルメディアと同じく、マス・メディアでの露出頻度によって、大きくそのフォロワー数は変化し、これに依存します。
 下記に、現在の国内におけるTwitterユーザーによるフォロワー数の指標を示しておきます。

・50万以上:国内には3名のみ(@moooris、@GachapinBlog、@hatoyamayukio)
・10万以上:公式で紹介されているアカウント
・2万以上:マス・メディアにおける露出頻度の高い著名人や文化人、IT系大企業社長etc
・1万以上:サブカルに強い著名人やフォローを極限迄仕掛けたアーリーユーザー
・5千以上:タレントやオンラインサービス、フォローを猛烈に仕掛けたヘビーユーザー
・2千以上:ちょっとしたタレントや特定業界における著名人、極度のヘビーユーザー
・1千以上:有象無象、ヘビーユーザー
・100以上:平均的なTwitterユーザー
・100未満:Twitterはじめました

ちなみに、Lady Gagaは366万6千オーバーのフォロワー数!

 Twitterは確かに流行ってはいますが、まだまだユーザーが少ない為、サブカルに強いと云う傾向があります。
 勿論、ミーハーが大半ですから、著名人は放っておいてもフォロワーは増えますが、Twitterを本格的にプロモーション活動に使っていない著名人くらいであれば越える事も出来ます。

 と云っても、普通のユーザーにとっては高い壁であり、フォローを先行して行かなければ、フォロワーを伸ばす事は出来ず、tweetが豊かでなければ、そのフォロワーの中でファンを獲得する事は出来ません。

 著名人が放っておいて集うフォロワーと一般人が必死に集めたフォロワーとでは“"において全く異なります。
 等しく2,000名のフォロワーを有していたとしても、勝手に集ったフォロワーと掻き集めたフォロワーとでは、その注目度やリツイート数は全く違いますから、これを意識しておく必要があります。

 尚、業種業態によって計画をしっかりと立て、的確に利用して行きましょう。
 無計画に利用しても時間を無駄にするだけですから気を付けましょう。

◎楽しみ方あれこれ

 ここに来て、Twitterの楽しみ方についての記載に疑問を抱く方もいるかと思いますが、Twitterと云うサービスの特性を理解しておく必要があります。
 その為、敢えて、その楽しみ方について言及しておきます。
 より正確には、使われ方、と云った方が良いかも知れません。
 下記にその利用法を挙げておきます。

・非公開tweet:趣味としてTwitterを使っている場合、TLを非公開にしたいユーザーも当然います。
 通常のSNSよりもアクション数が少ない上で閲覧が可能であり、反応も楽に出来ますから非公開で利用するユーザーも少なくはありません。
・少数フォロー:主にリアルでの知人・友人のツイートをTL上で読む為に使われます。著名人の場合、殆どがこれに該当します。
 この使い方は、セルフプロデュース以外の何ものでもありません。時折、フォロワーのリプライに反応するかも知れませんが、一般にプライベートの一端を垣間見せる演出を伴った手法です。
・フォロー/フォロワー数同程度:極一般的な使われ方です。リアルの知人・友人とのコミュニケーションだけに留まらず、ネット上での知人や趣味友探し、或いは、情報収集に用いられます。
 一般的にフォロワーにはフォロー返しを行い、自らもフォローを行います。
・フォロワー先行:積極的にコミュニケーションを図るユーザー、若しくは、ビジネスアカウントユーザーです。
 ビジネスアカウントユーザーではない個人アカウントユーザーであっても、何等かのセルフプロモーションを望んでいる可能性が高く、オープンなスタンスではありますが、時にプロモーションが優先される傾向がある為、スパム扱いされ兼ねません。
・複数アカウント保持者:英語/日本語、公私等、何等かの理由でアカウントを分けて用いるユーザーです。
 時に、tweet数が多く、規制回避に複数アカウントを保有するユーザーもいます。
・botとのリプライ:Twitterはその特性上、積極的にコミュニケーションを図らないと、独りぼっち、になりがちです。これが所謂、「他人の独り言を見て何が楽しい?」とTwitter否定派の方が思う所以でしょう。
 これを解消する為に、必ず反応してくれるbotとのリプライを楽しむユーザーもいます。実は、このbotがなかなか楽しいのですが、ビジネスで使う上では何等効果を得ませんから気を付けましょう。

 例えば、私のビジネスアカウントの場合、フォロワー先行に充当します(4/8以降)。別アカウントでは、絵描きやデザイナー、アレンジャーとしての名を公開しているのでフォロワーが勝手に集まりますから少数フォローです(4/8以前はビジネスアカウントもこの使用法でした)。

 実は、Twitterの醍醐味は、フォロワー数の多さよりも、フォロー数の多さにこそ、その楽しみ方に拡がりがあります。
 凡そ、フォロー数の少ないユーザーには決して分からない楽しみ方だと思われます。

 他のソーシャルメディア、と云うより、全てのオンラインサービスと云うものは、自身の欲する情報を検索して探し求める、と云う特性を有しています。
 だからこそ、リアルとは異なったPull型マーケティングが育まれ、SEMやSMM等様々なWebマーケティングが生まれて来た訳です。

 しかし、このTwitterと云うサービスの場合、自身の求め得るユーザーをフォローする度、必ず、“雑多な情報"が混じるのです。

 通常、精度の高い検索を試みれば試みる程、情報はより純粋に欲しているものに近付き、より的確、且つ、洗練されたものになります。
 ですが、Twitterでフォロー数を増やして行くと、如何に価値観が近かろうが、趣味が似通っていようが、必ず、自分の求めている情報ではない“異質"なソースを垣間見る事になります。

 実は、この異質な情報こそ、Twitterが他のオンラインサービスとは異なる優位点、或いは、特性と云える、と考えています。
 この異質な情報は、寧ろ、Push型に近く、例えるのであれば、テレビCMや雑誌の広告の類に近く、ユーザーの求め得た結果ではなく、受動的に得た情報となります。
 しかし、フォローと云う行為は、ユーザーの意志によってなされますから、フォローしたユーザーのtweetは、マス・メディアのそれの様に一方的な配信とはまた異なり、ユーザー自身の行動結果に他ならない情報閲覧と云えます。

 メルマガ登録やRSSリーダーと云うものは、自らの意志で登録/設定をし、その結果、受信する内容にどの様な情報が載せられているのかは予測の範疇ですし、これはユーザーの能動的なアクションに基づく、直接的なPRとなります。
 ですが、Twitterのフォローによる関係性は、予測不能な情報閲覧の機会を与え、これが思わぬ効果を齎す可能性を意味しているのです。

 料理に例えるのであれば、通常のオンラインサービスが一品料理やお好みであるのに対し、Twitterにおける多数フォローはコース料理の様なものであり、好き嫌い問わず、それは次から次へと配膳され、しかし、コースである故に、淀みない、そんな感じでしょうか?

 勿論、雑多な情報を嫌うのであれば、リムーブすれば良く、或いは、リストを眺めていれば良いだけですから、満遍なく不特定多数に情報配信出来る訳ではありませんが、かなり、多種多様なユーザーに対して情報を提供でき、その情報との関連性は、フォロー/フォロワーとして最低限度の共通項を見出す事も可能です(共通項が1つもないフォロー/フォロワーと云う関係性も多々、存在しますが)。

 Twitterの醍醐味は、TLを溢れんばかりの混沌とした情報の大河にし、ここから輝くダイヤの原石を探し、研鑽してリリース(リツイート)する事にあるのでは、と思います。
 当然の事ながら、少数フォローで濃厚な遣り取りも可能ですし、それでも充分ですが、その時点では、他のソーシャルメディアとあまり変わりません。
 是非、情報の濁流に身を任せてみては如何でしょうか?
 違った何かを発見出来ますよ?

 但し、注意が必要なのは、膨大なtweetによるTLに引き摺られ、tweetをしっかりと追うと、自身のtweet数が増えてしまう傾向があります。
 tweet数が少な過ぎるのは論外にしても、tweet数が多過ぎると、フォロー数の少ないユーザーのTLを自身のtweetで汚す事になりますから注意が必要です。
 実際、私のtweet数は倍増してしまった為、数名程リムーブされてしまいました。
 ご注意下さい。

◎Twitterを効果的に活用する為の各種ツール群

 様々なツールが存在しており、その全てを使っていては無駄に時間だけ浪費してしまいます。
 そこで、Twitterを利用し始めてからフォロー数の上限値2,001名迄において、充分足るツールのみを紹介しておきます。

○フォロー探し(検索系)
1.Twitter Search:Twitter公式検索エンジン。
2.meyou.jp(ミーユー):便利なプロフィール検索や一括フォロー等がある。
3.Topsy:Retweetされた回数が確認出来る上、「site:」コマンドでURL検索も可能。
4.Twimono.com(ついもの):商品のトレンドから逆引き出来る検索エンジン。
5.まちツイ:都道県市町村別ランキング&ディレクトリ。
6.Togetter:tweetのまとめサービス。
7.ふぁぼったー:お気に入りされたtweetが分かるサービス。
8.Retweetist:Retweetしたユーザーを閲覧出来る。

 ちなみに、私は初めてのフォローの上限数(上限値2,001名迄はフォローしていません)迄、上記ツールは使っていません。
 全て、Twitter上でフォローして行きました。その理由は、手動でどれくらいの時間がかかり、どの様なユーザーをフォローして行けば良いのか、その指標とデータを取得する為です。
 皆さんも最初の上限値迄のフォロー/フォロワーは大事ですから、出来ればコツコツと手動での検索とフォローをお奨めします。
 いきなり、ツールを使って無闇やたらにフォローしたり、フォロー返しすると、上限値に達した時点で身動きが取り辛くなり、そもそもマーケティング効果が期待出来ません。
 フォロー返しが50%以上あれば充分です。これに満たない場合、「10日でフォロワー数を10倍にする方法」をご覧下さい。

 6〜8は一見、フォロー探しとは無縁に見えるかも知れませんが、Twitterの効果はリツイートにこそありますので、Togetterユーザーやふぁぼってくれるユーザーは貴重です。また、これらのサービスはSEOにおける残留効果も期待出来ますからURL込みのつぶやきに利用してみても良いでしょう。

 また、リスト作成しているユーザーは、比較的フォロワーのtweetをしっかり見ている可能性が高い為、フォローの対象としてみても良いでしょう。

○フォロワーチェック
1.FriendOrFollow.com:一方的なフォロー/フォロワー、相互フォローを可視化。
2.りむったー:リムーブしたアカウントをDMでお知らせ。
3.人事ったー:リムーブしたユーザーの名前、時間帯、フォロー期間等をDMでお知らせ。
4.Your Twitter Karma:フォロー/フォロワーが1画面で可視化表示。一括アンフォローは出来なくなってしまった。

 出来ればリムりたくはないものですが、フォロワーの全てが貴方のファンではない様に、貴方もフォローしたユーザーのファンではありません。
 従って、無反応、スルー、排他的なユーザーをフォローしてしまった場合、アンフォローしても良いでしょう。
 全てのユーザーがネット上での知人を求めている訳ではありません。身内、或いは、極限定的な趣味友のみを欲している場合があります。
 このタイプのユーザーは、フォロー/フォロワー数共に少なく、リプライを多用してしますから概ね、判断し易いとも云えます。

○解析系
1.Twilog:tweetをブログ化。Twilog Statsで統計情報を閲覧可能。
2.TWIMPACT:Retweetのランキングや伝達経路をレーダーチャートで視覚化。
3.TweetStats:tweetの情報とtweetクラウドを見る事が出来る。
4.Twitalyzer:しっかりとした解析機能と独自指標がなされている。
5.Twitter Analyzer:ポスト数やリプライ数等を解析。

 あくまでもTwitter上での解析でしかない為、本来の解析とは程遠いのですが、初心者であっても、Twitter上での動きぐらいは把握しておいた方が良いでしょう。
 尤も、フォロー数を増やしている時点では、解析する余裕はあまりないでしょうから、ある一定の目標値を定め、その時点で解析してみるのも良いでしょう。
 上記ツールは過去のデータ迄遡って表示してくれるので、特別問題にはなりません。

 また、2のTWIMPACTは、フォロー探しにも使えます。ある程度、フォロー/フォロワー数が揃った場合、その伝達経路を把握し、計画的なフォローをしてみても良いかも知れません。

 尚、個人的にはスパミーなツールは使わない事をお奨めします。
 “自動的"と名のつく安いツールは、結果的に自身の首を絞めかねません。

 賢明な皆さんならご存知かと存じますが、mixiを思い出して頂くと分かるかと思います。
 ミラーアカウントに自動巡回ツールばかりの無人化が進み、結果的に何等益をもたらしません。
 Twitterでも同じです。
 フォロワー自動増殖やらリツイート連鎖、自動フォロー、一括フォロー返し等の類は、自らアカウントを無駄にする様なものですから止めましょう。
 botやサブアカばかり増やし、生身の人間が見る事のないTLばかりにRetweetされでも、何等効果はありませんからご注意下さい。


 かなり長くなってしまいましたので、今回はこの辺で止めておきます。
 基本的な概念だけになってしまいましたが、次回、もう少し具体的な活用法を明示して行くつもりなので、是非、宜しくお願い致します。


 それでは、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
Twitterマーケティングの基礎:β
Twitterユーザー以外にも積極的にtweetをPRする事で成約率を4%向上
Twitterでフォロワー10,000名以上を獲得する最短の方法
10日でフォロワー数を10倍にする方法
TwitterやFacebookで嫌われる13タイプのユーザー


posted by EINS at 21:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケティング | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
前から漠然とした疑問なども解決し
凄く、参考になりました!


ありがとうございます!^^
Posted by ミヤノツル at 2010年04月20日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。