2010年03月28日

TwitterやFacebookで嫌われる13タイプのユーザー

 先日、Gawkerのエントリー記事「The Eight Types of People to Unfollow on Twitter or Defriend on Facebook」でTwitterやFacebookで嫌われる8タイプのユーザーについて言及されていました。

 これらコミュニケーションに類するオンラインサービスの場合、本来は個々のユーザーの趣味や嗜好に依存しますから、何をしたら良いとか、何をしたらダメとかはありません。
 利用規約の範疇内で楽しめば良く、基本的に自由に活用すれば良い訳です。

 しかし、もし、Webマーケティングの一環としてこれらを活用しよう、と考えているのでしたら、少しだけ注意してみた方が良いかも知れません。
 そこで、上述のエントリーで紹介されていた8タイプに加え、私が思う5タイプを追加して掲載しておきます。





◎Brian Moylan氏の紹介する8タイプ
・中毒(Overuser:濫用者)
・実況過多(Oversharer:異常共有者)
・狂信的啓蒙(Proselytizer:改宗者)
・内輪ネタ(In-Joker:仲間内冗談話者)
・コピペ(Replyer:無感情応答者)
・情報弱者(Meme Lover:複製情報共感者)
・詐欺/誇大情報(Fisher:釣り師)
・モブ(Nobody:取る足らない奴)


◎個人的見解による追加5タイプ
・挨拶回り
・出会い厨
・社交界
・宣伝厨
・目立ちたがり


◇中毒
 そのオンラインサービスのヘビーユーザーとして利用する分には問題はないが、実利用において中毒気味のユーザーは引かれてしまいます。
 mixiの日記を事ある毎に更新、Twitterで無数につぶやく、アイコンが度々変わる、コメントに連続書込等、発信された情報が第三者のスペースにも表示されると云う事を理解していないユーザーを指します。
 明らかにウザがられますから気を付けましょう。

◇実況過多
 以前であればブログやメルマガ、現在であればTwitterやGoogle Buzz等でありとあらゆる情報の共有を強いる者です。
 特にマイクロブログの場合、TLは共有されていますから、どうでもいい事で埋まってしまうと迷惑以外の何ものでもありません。
 適度な実況は寧ろ、好印象を与え、親近感を与える事が出来ますが、過度な実況は只々迷惑なだけなので控えましょう。

◇狂信的啓蒙
 これは大変、迷惑な行為です。
 政治問題や環境問題、セクシャルマイノリティ、宗教問題、倫理観等、自己主張を大声で叫ぶ、つまり、日記やつぶやきに大量に載せて配信し、且つ、気に入らない意見や反論に対して論争を展開する者達を指します。
 適度なバズを期待して恣意的に行うのであれば兎も角、妄信的な自己正義愛の押し付けは大変、迷惑です。特に、社会的風潮に寄り掛かったマジョリティの主張や社会的弱者を装う主張には反応し辛く、対応に困ります。
 明らかに敬遠されるタイプなので控えましょう。

◇内輪ネタ
 どこにでもいるのですが、極限られた人間にしか分からない話を不特定多数の共有するコミュニティサイトでするのはタブーです。
 よくあるのは、リアルでの知り合いや友人同士でのコミュニケーションをオンラインサービス上に迄持ち込む行為ですが、この様な類はクローズド環境ですれば良く、メンバー限定下やSkypeでも使えば済む訳であり、第三者の前でする意味が分かりません。
 内輪ネタに興味を持つ者は皆無です。興味を示した場合、それはほぼ社交辞令ですので気を付けましょう。

◇コピペ
 Twitter上で「RT」のみを配信する、或いは、日記にコピペのみ、と云う者です。
 自身の意見や感想が全く添えられていない場合、最早それはbotと変わりません。
 情報は大切ですが、その情報をどう伝えるか、と云う個性があって初めて興味対象に成り得ますから、コピペだけと云うのは止めた方が良いでしょう。
 逆に、意見や感想等が不要な最新情報等と云うものもありますから使い分けが肝要となります。
 情報をストレートに流すだけであれば「RT」を、意見や感想を添える時には「QT」を、と使い分けておくと良いでしょう。

◇情報弱者
 ミームに翻弄される情報弱者、或いは、ミームと知らず地獄耳を誇る自称情報通を指します。
 基本的に、バイラルに踊らされ、且つ、自身も波及の一端を担いますが、情報の精査や責任は一切負いませんから、酷く軽薄で信用ならない利用者と判断されます。
 マスメディア経由の一方通行な情報を頑なに信じ、迷い無く情報を丸投げし、更にミームに伴う自己解釈等も加味されますから、情報はねじ曲がり、劣化コピーが蔓延します。
 イノベーターやアーリー・アダプターに嫌われますから注意してみても良いでしょう。

◇詐欺/誇大情報
 キャッチコピーや反響を期待する「釣り」は必要ですが、明らかな詐欺やデマ、虚偽情報を愉快犯的に楽しむ行為は最早、論外です。
 基本的にこれらのユーザーは、第三者の反応を見て楽しむだけの者なので、その特性から中長期的な利用は有り得ないでしょうが、万が一、ソースの不明な情報に関して発信する場合には、注意書きを添える事をお奨めします。
 また、仮に釣る場合であっても、ユーザーを楽しませる事が必要不可欠でしょう。

◇モブ
 居ても居なくても良い人。
 申請されたから許可した、フォローされたからフォローを返した等、コミュニティにはこの様な傾向が多くみられ、大半が自分にとって興味のない人、裏返せば、大半にとって自分は興味たり得ない人である訳です。
 FollowerやFriendは多ければ多い程良いと思い込んでいる人が大多数を占めるとは思いますが、決してそう云う訳ではありません。注意しましょう。

◇挨拶回り
 これはASPで提供されている無料HPツールで作成出来るミニホムペやアクセス数で推移するモバイルゲーム等にも共通する事ですが、足跡を残す事で自サイトへ誘引する為の儀礼的なものでしかなく、先述の中毒とコピペ、モブ等からの派生系となります。
 挨拶回りは、サービスを始めた当初は順調に行くでしょうが、ある一定量、即ち、作業量が飽和を迎えた時点でコミュニティへの煩わしさに変化します。
 挨拶回りしかしないユーザーの場合、レスをしなければ必然的に挨拶回りの対象から外されますから、そもそも構う必要のないユーザーと判断され、結果的に嫌われる事になります。

◇出会い厨
 そもそも異性とのリアル、乃至はコミュニケーションしか興味のないユーザーであり、情報もなければ、伝達力もなく、無意味なミーム共有者です。
 先述の内輪ネタをオンライン上で確立しようと試みる者ですから、コミュニティの幅が広くなっても、行き着く先は内輪ネタで完結します。
 若年層ではコミュニティの拡がりを、中高年層では閉鎖的なコミュニティを求める傾向が強く、どちらに転んでも不特定多数のユーザーからすれば不要な存在である為、嫌われます。

◇社交界
 特定業種や業界の著名人、自称上流階級や権威志向、選民的支持者等、コネクション第一主義者に多く見られるユーザー層です。
 一般に先述の情報弱者、この場合、よりミーム愛好者の方が適切ではありますが、特定コミュニティへのコネクション確保に邁進する為、仮に情報弱者ではなくてもミームに支配されたユーザーであり、大多数のユーザーから嫌われます。
 その特性上、社交辞令が飛び交いますから、発言に信頼性は乏しく、仮にコネクションを築けても、そのユーザーそのものの支持者は皆無に成りかねません。もし、支持者がいたとしたら、それはそのユーザーと同じタイプ、即ち、社交界出席希望者、と云う訳です。

◇宣伝厨
 アフィリエイトでお小遣い稼ぎする方やセルフプロデュースに邁進するコンサルタント、イノベーター気取りの法人等が精査する訳でもなく、告知を数打ちするパターンがあります。
 宣伝を無数につぶやいたり、無数に掲載するのは、効果測定や分析を求めず、兎に角、数を捌くだけの者ですから、迷惑以外の何者でもありません。
 要はスパマーな訳です。
 告知はウザがられない程度にするのが良く、アカウント丸ごと告知専用にしても、既にブランディングが確立されてもいない限り、全く無意味なので止めましょう。

◇目立ちたがり
 レスには目もくれず、猛烈に自己PRを繰り返すタイプのユーザーです。
 別段、商品やサービスを提供している訳でもなく、単に構って欲しいだけ、或いは注目されたいだけのユーザーですが、基本的に自己完結型で自己愛しかありませんから、第三者処か、レスにさえ感情は乏しく、自身のポストだけを至高のものと扱います。
 このタイプは、そもそもコミュニティには不向きですから注意のしようもありません。
 稀にカリスマ性を纏うケースもありますが、基本的には嫌われますから気を付けましょう。


 オンラインサービスにおけるコミュニケーションの取り方に善悪はありませんし、本質的には各々それぞれの遣り方で問題ありません。
 特定のマナーはありますが、これも受け止め方は人それぞれですから正解/不正解も言及されません。

 しかし、短い期間であるとは云え、データ的には概ね、上述の様な傾向が既に上げられますから意識してみても良いと思います。

 長い時間をかけ、その労力を無駄にしない為にも、最低限度の活用法は覚えておいて損はありませんから、是非、参考程度に覚えておいて頂ければ幸いです。


 それでは、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
Twitterの嫌われ者達に朗報!短所をそのままに小規模コミュニティの人気者へ
Twitterマーケティングの基礎:β
Twitterでフォロワー10,000名以上を獲得する最短の方法
Twitterマーケティングの基礎:序
10日でフォロワー数を10倍にする方法


posted by EINS at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Twitter リムーブ アプリ
Excerpt: Twitterの活かし方: A-Kenのおっさん学生日記 ただしフォロー、フォロワーに関して「フォロー・リムーブはご自由に」というのが一般的なTwitter文化のようです。したがって昨日までやりとり..
Weblog: twitter ツイッター 最新情報
Tracked: 2010-04-03 15:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。