2010年03月24日

コンテンツの質が大事なのは周知の事実だが

 以前のエントリー「知識を得に行くのか?洗脳されに行くのか??」にも通じるのですが、どこかで学んで来ると、両極端な意見になりがちです。

 要は、「アクセスアップ法」か「コンテンツ拡充」と云う二者択一。





 これは更に以前のエントリー「SEOとLPO、どちらが重要?」と同じで、本来は両者共に必須であり、どちらか一方だけ強くしても望ましい効果を得る事は出来ません。

 何をどう学んでしまったのか、或いは、本質論への原点回帰なのか、コンテンツの充実を最上のものと捉え、これに注力する事が美徳の様に論じられる傾向にありますが…果たして、これで満足行く結果を、また、十二分なコンテンツを築く事が出来ますか?


 例えば、開店して10年〜15年程経つ、あまり立地条件の良くない場所に店を構える何の変哲もない普通の焼鳥屋経営者が、ホームページを持つとします。
 若くして脱サラした料理人経験のないオーナー自らが店に立ち、オーナー自身が特別なプログラミング言語のスキルを持つ訳でもなく、経営状態は芳しくなく、従って、趣味にお金を費やす事は出来ず、仕事仕事の毎日、と仮定します。

 上記の様な状況を鑑みた上で、コンテンツを充実させろ、と云っても困難必死ではないでしょうか?

 特別な地酒を扱う訳でもなく、拘りの地鶏を扱う訳でもなく、しかし、店主の人柄は少ないながらも常連客からは支持される。
 しかし、この人柄を、果たして、ブログや何らかのコミュニティで発揮出来るかと云ったら、なかなか難しいでしょう。

 分かりますでしょうか?

 全ての方が一族一種、特出すべき技術やサービスを有している訳ではないのです。
 同様に、全ての人がオーソリティたり得る筈もありません。

 コンテンツと一口に云うと、どうしてもWebの特性上、ニッチ且つロングテール、或いは、トラスト且つオーソリティに着目し、これこそが最大の利点と考えられがちですが、世の中の多くは、極々一般的であり、普通であり、特別ではないと云う特色こそで彩られており、だからこそ、マーケティングが必要な訳です。
 極普通の状況にある方に対し、コンテンツで着目されろ、即ち、特別たれ、と云うのは、実に乱暴で無責任なアドバイスでしかなく、そもそも、発信し得るコンテンツを有しているのであれば、困窮する訳がありません。
 違いますか?

 コンテンツに限界がある。
 そう仮定した場合、やはり、最低限度の集客法を講じる必要があり、その為にSMOの様な手法がある訳です。
 店主1人で無理ならば、常連客に頼んで口コミサイトに紹介して貰う。
 特別な素材で作られた料理でないのなら、味わい深い料理を紹介して貰う。
 お店の雰囲気、店主の為人他、相対評価ならざる情報の発信を、サイトそのもののコンテンツではなく、ウェブ全体で捉え、発信して行く様、努力すれば良いのです。

 即ち、アクセスアップの手法が結果的にコンテンツをバックアップし、結果的にコンテンツを用意するべく基礎となればよく、そもそも、お店にお客さんが来る事が最上な訳ですから、サイトそのもののWebポジション等どうでも良く、インターネットを活用する事そのものをマーケティングの一種と捉える、それこそ基本的なマーケティングのコンセプトをしっかりと理解していれば、何も問題ありません。

 Web屋の私が云うのも何ですが、人気サイトを作る事が最高なのではなく、本来の目的を達成する事が最上であり、切り刻んだマーケティング論の1ロジックに嵌ってしまい、本質を見落とさない様、気を付けて下さい。

 人気サイトと良いサイトは、似て非なるもの、だと云う認識を忘れないで下さい。


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪


◎この記事を読まれた方は下記のエントリも読まれております。
SEO対策は万能、と云う思い込みは純益低下を招く
お店への集客は商圏での周知に最適化を図る事から始める
ツイッターマーケティング&ブランディング・コンサルティングサービス始めました
知識を得に行くのか?洗脳されに行くのか??


posted by EINS at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | プランニング | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。