2010年02月23日

奇っ怪過ぎる抱き合わせ商材…どんな企画なんだ?

 時折、弊社にもやってくる奇っ怪な企画や商材。
 商魂逞しくて、ある意味尊敬に値するかも?

 多過ぎて全てを覚えてはいませんが、代表的なのを幾つか。


1:売上交換?

 「ホームページを制作したいのですが」との話し出し。
 話を聞くとパートナー的な話が出て来ます。
 やがて、先方の取り扱うハードの話に。

 要は、リースをしろ、と言う内容です。
 ホームページ制作の発注は、そのリースの代わり的内容なのです。

 可笑しな話ですね〜
 5、60万のHP制作の代わりに200〜250万のリース契約とは?
 まともに話を聞く様なものではないので、どうでも良いですが、まともに話を進めるのであれば、リース契約期間内に2回のリニューアルと毎月の管理費をそこそこ頂かないといけませんね。
 何せ、こちらは“開発”しなければなりませんから、先方よりも多く売上を頂かないと釣り合いません。
 ま、この様な話に、先方は乗らないでしょうが?


2:マネタイズ出来ないでしょ?

 地域ポータルの切り分け、FC制のヤツ!
 何て事ないシステムと管理画面で広告枠を販売、クローズド環境をユーザーに提供、ポータルの総ユーザーでトラフィックを補填…

 全くマネタイズモデルが提案されていない。
 イニシャルコストとランニングコストの根拠が不明。
 容量的に共有サーバで充分、且つ、CMSをちょっとカスタマイズして終わり、そんな感じ?等しくコストをかけるのであれば、自社媒体の方が遙かにマシ。だって、トラフィックだけでしょ、売りは?

 特に気に入らないのは、全域で総括して差し込む広告枠。
 その地域ポータルを“買い取ってる”のだから、全国共通で枠を押さえるのであれば、サイトオーナーに広告費を支払うべき。同様にフッターリンクもね。

 正直、「奇妙過ぎて、欠伸が出るぜ!」


3:代理店になりませんか?(ネズミ講じゃありません)

 「御社の商材として取り扱ってみませんか」との話し出し。
 所謂、代理店のお話の場合、その商材が競合商材と十二分な競争力を持ち、ユニークであれば、当然の事ながら検討します。

 しかし、その取り扱い商材を聞けば聞く程、実につまらない!
 2010年にもなって、何故今更そのツール?
 しかも、調べてみれば加盟金やら供託金やらランク分けやら。そんなの、その企業そのもの、若しくは商材そのものに、かなりのブランド力が備わっていなければ、取り扱う訳ないでしょ?
 且つ、その企業、ネズミ講で業務停止命令の行政処分受けてるじゃない?

 大石神教ぐらい開き直ってれば面白いのにね〜


4:○○が無料!代わりに…

 ○○を無償でご紹介、更に、△△なご提案を!
 って、業務用ASPの開発?
 そのASPでライセンス料を…何のこっちゃ?

 ウチ、システム開発会社ですけど?
 しかも、どう考えてもそのサービスより開発費の方が遙かに高額でしょ!?
 どう考えても、営業会社しか乗らない話。

 これが営業メールに載って来るのだから凄まじい話。


 大人過ぎる提案に脱帽。
 とても弊社では受け入れられません。

 もっと前向きなものはないのでしょうか?


 それでは、アリーヴェデルチ♪


タグ:企画 営業
posted by EINS at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。