2009年09月19日

Googleウェブマスターツールにパラメータ処理機能

 GoogleウェブマスターツールでパラメータのついたURLの設定が可能な機能が登場しました。
 これにより、動的ページや解析、アフィリエイト等、各種パラメーターが付加されたURLによる重複するURLを読み込ませない事が出来ます。

 Yahoo!サイトエクスプローラーには既に実装済みです。

 具体的には、サイトを選択し、「サイト設定」⇒「設定」⇒「パラメータ処理」⇒「パラメータ設定を調整」で『無視する/無視しない』を設定が可能です。

 動的な重複URLによる問題は、301リダイレクトやrel=”canonical”で回避可能、また、googleでは自動的にこれを判断している、との事です。
 より確実な処理に活用されてみては如何でしょうか?


 では、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。