2009年09月09日

スニペットの扱い方

 以前、Twitterでこんなつぶやきを見ました。
「Googleでの気象庁のスニペットが可愛い」

 と云う訳で早速見てみると、
xx年x月x日 ... 気象の情報とデータ集。日々の天気図やその解説、台風や地震、火山の情報があるよ。

 これは、見事、ですね。

 お堅いイメージの官公庁の、且つ、無機質なデータベースであろう気象庁の、そのスニペットが「あるよ」と云う親近感のある文体になっています。
 このスニペットを設定した方はなかなかの遣り手ですね。


 スニペット(Snippet)とは、検索結果ページにおいて、ウェブページにリンクされた文字列下方に表示される検索語を含むテキスト抜粋の事です。

 スニペットには大きな役割が2つあり、1つはアクセスを呼ぶ為のキャッチコピー、もう1つは成約率を高める為のフィルターです。

 前者は、単純にユーザーを誘導する為の導線的コピーですから、キャッチーなテキストが拾われる様、配置すれば良いのです。
 後者の場合、アクセス数そのものより、実際の商品・サービスを選択して貰う事に直結させる為のテキストとなり、どの様なテキストをSERPに表示させるかがキーになります。

 これはPPC広告においても当て嵌まります。
 PPC広告では表示させたいタイトルと説明文が直接設定出来ますから検索エンジンに依存するスニペットよりも易しく、PPC広告で満足な結果を上げる事が出来ない様であれば、恐らくスニペットへの配慮と云う観点からの本質的なSEO対策は程遠い、と云い換える事が出来ます。

 一部のマーケターは、PPC広告を作り上げてからランディング先のページを作り込む事を推奨しています。
 これは間違いではありませんが、最上とも云えません。

 本来、最良の選択とは、検索エンジンから各ページへの導線を考慮した上でサイト構築をし、スニペットで充分な誘導が出来るであろう事を想定しておく事が前提となり、PPC広告はより極端な効果(キャッチコピーであればよりキャッチーに、成約率向上であればよりニッチに)を的確に処方し、検索エンジンからの反響、集客、ブランディングを最大限に活かす事です。

 つまり、広告を作ってからウェブページを作るのではなく、広告も引っくるめたウェブ全体的な視野から計画、構築し、サイトそのものもアクセスの流れを各々成約させるべき目標地点に対して集中させる必要があるのです。
 スニペットはその始まりとなるスタート地点であり、大変、重要なものなのです。

 表示させたいスニペットを適切に扱う事がSEMで勝ち残る為の起点となりますから、ウェブページのテキスト、その配置が問われます。

 もし、未だに特定キーワードの配列のみでSEO対策やリスティング広告をしている様でしたら、それは検索エンジンの表層的なアルゴリズムに囚われているだけであり、実質的なユーザー動向を軽んじている事を意味します。

 キーワードとキーワードの間に潜むユーザーの志操を読み取り、適切なスニペットの表示を目指してみては如何でしょうか?
 今迄よりも遙かに高い効果が期待出来ますよ?


 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 17:57 | Comment(1) | TrackBack(1) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
 はじめまして。

 とても勉強になりましたのでコメさせていただきました。

 ありがとうございました。

 また遊びに来ますので宜しくお願いします。

 では、簡単ですが失礼いたします。
Posted by ゆめ at 2009年09月10日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

気象庁 自身
Excerpt: 環境問題、LEDに関する情報blog(β版): 全国地球温暖化防止活動推進 ... -「気候サービスのための世界的枠組み」の構築を決定(気象庁) ☆3 ストップおんだん館からのお知らせ -ストッ..
Weblog: 今日のトップニュース速報
Tracked: 2009-09-16 09:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。