2009年08月01日

Bing SEO、フライングにご注意!

 7月29日、MicrosoftとYahoo!が検索事業を提携しました。
 多くの人にとっては「へ〜」くらいの感想ですが、既にSEOに敏感なブロガー達はざわついています。

 この事業提携によってサイト運営者が気掛かりな内容は大きく3つ。

1:Yahoo!の検索エンジンがBingへ
2:MicrosoftはYST(Yahoo! Search Tecnology)の10年間独占ライセンス権取得
3:Yahoo!の検索連動広告Panama(米Yahoo!⇒Yahoo! Search Marketing、Yahoo! JAPAN⇒Overture)もMicrosoftの検索連動広告adCenterへ


 米国での事業提携がリアルタイムで日本に影響を与える訳ではありませんが、Yahoo! JAPANもこのプラットフォーム採用の可能性が高いです。
 本国でも注目されているニュースですが、YSTユーザーの多い日本ではSEMの対象が大きく軌道修正される事でしょう。

 YSTの消失からBingへの注目に代わり、国内でのSEO対策はBingに大して躍起になると思われます。

 しかし、注意して下さい。

 国内のBingは以前のLive Searchと大差ありません。
 Live SearchへのSEO対策も考慮していたSEO業者であれば兎も角、YSTへのSEO対策を大々的に謳っていたSEO業者が、この事業提携後に突然、BingへのSEOを仄めかして来たら要注意!
 まず間違いなく、当てになりません。

 恐らく、こぞってBing用SEO対策の情報商材やセミナーが開催されると思います。

 国内のBingがLive Searchから脱却し、Yahoo! JAPANで本採用、検索エンジン連動型広告の配信元を確認してからにしましょう。
 我先に手を出すと、確実にお金をドブに捨てる事になりますよ?
 YST用SEO対策をしていた方は、Bing用SEO対策を慎重に。


 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。