2009年07月22日

Shock In the Dark(邦題:暗闇にガックリ!)

 日本国内では46年ぶりの皆既日食!世紀の天文ショー!!
 都内でも最大食分約0.75、部分日食とは云え、これは凄いですよ。

 と云う訳で空を見上げるとッ!!?

2009年7月22日鹿児島県喜界島皆既日食 驚異ッ!!
 まさに、驚異のショータイム!

 太陽が昇れば昇る程、昼に近付けば近付く程に、光は閉ざされ、空は暗くなり、やがて、闇に支配される。

 暗黒の瞳が覗き、やがて“一つの指輪”が妖しく輝く。

 指輪が天に刻むその銘は、
Ash nazg durbatulûk, ash nazg gimbatul, ash nazg thrakatulûk, agh burzum-ishi krimpatul
 …モルドールの暗黒語…

 偏に、
Shot In The Dark暗闇にドッキリ!)」

 この驚愕の天文現象に、古の人々は凶兆を想う他なかった…

 ………と、驚く様な世紀の大天体ショーを見たかったですね〜!!

 いや〜、残念。
 いえ、寧ろ、慚無い。

 千葉から見上げる空は、只々広がる曇天。
 ジメジメとした湿気の中、特別、普段と何等変わり映えしない、どんよりとした雨雲に覆われた空を、期待に満ちた瞳で見上げ、しかし、絶望的な迄に分厚い雲が広がり、日常的な騒音が気持ち迄曇らせています。

 うむ…

 ↓の写真は実際に私が見上げた空の様子です。

2009年7月22日千葉県千葉市部分日食 只の雨空…

 写真では暗く見えますが、実際にはもっと明るく、とても太陽の75%が覆われているとは思えない程、実に普通の曇天です。

 上述のイメージは、もし皆既日食を目の当たりにしたら、そう思うだろうな〜、と云った想像。

 まさに、
Shot In The Dark憶測)」

 ちなみに最初の写真は、本日、鹿児島県喜界島で撮られた皆既日食です。

 11、2年前、しし座流星群が騒がれた時、これを見る為に車で南に向けて走り出し、そのまま房総に行けば良いものを何故かアクアラインを通って横浜に行き、臨港パークから空を見上げるも、周囲のネオンで何も見えず、と云う記憶が甦りました。

 ま、日常にあって出会すイベントと云うものは、こんなものでしょう。
 雰囲気だけでも味わえれば、それで良し、としておきましょう。


 さて、仕事に集中しますかね。

 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。