2009年01月13日

WHOPPER Sacrifice

Whopper 米国では小売業者がFacebookを積極的に活用している様です。

 そんな中、面白い販促キャンペーンを行っているのが米Burger Kingです。

 ハンバーガーチェーン店の米Burger Kingが、Facebook向けにユニークなアプリケーション「WHOPPER Sacrifice」の提供を開始した。ワッパーはBurger Kingの看板商品のハンバーガーだ。

 このアプリをインストールしてFacebookの友達リストから10人削除すると、大事な友達を犠牲にしてでも食べたいくらいのワッパーへの愛を証明したとして、このバーガー1個と無料で交換できるクーポンを受け取ることができる。

 アプリをインストールすると、友達リストのところに「犠牲にしたい友人をクリックしよう」の文字が表示される。友達の写真をクリックすると、その友達がリストから削除され、しかもアクティビティーのフィードに、その友達をワッパーのために犠牲にしたことが掲載される。

 キャンペーンサイトに表示されている犠牲となった友達の総数は、1月10日現在既に約7万人に上っている。

ハンバーガーのために友達10人切れますか」――Burger KingのFacebookアプリより引用


 これは巧妙なキャンペーンですね。
 話題に上るであろう事を予想し、見事に成功しています。

 日本では国民性からこう云ったキャンペーンは敬遠されるでしょうが、口コミ・マーケティングとしては抜群に上手い、と云わざるを得ません。


 それにしても、ハンバーガーの1/10の価値にしか満たない友人にはされたくないものですね。


posted by EINS at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。