2011年01月01日

2011年も有限会社アインスを宜しくお願い致します

 明けまして御目出度う御座います。
 本年も宜しくお願い致します。

 昨年も、システムの受託開発をメインに、様々なWebサービスやアプリの開発、ホームページの制作や運用に至る迄、幅広くご協力させて頂きました。
 最近では、ITのみならず、リアルにおけますマーケティングや経営コンサルティングにも積極的にご協力させて頂き、より多くのアイデアに従事し、数多くの業種の皆様に喜んで頂ける環境が整って参りました。

 システム、と云いますと、どうしてもパソコン上、Web上での狭い環境のみに囚われがちになり、弊社、及び、当方もその周囲迄しか理解が及ばない、と勘違いなされている場合が御座いますが、人が使うと云う観点、並びに、組織としての法人のベースアップには、プログラムならざるアナログなシステム、即ち、組織作りや環境配備、営業手法、マネジメント、理念に至る迄、広義な意味合いでのシステムが必要不可欠となります。

 勿論、機能のみを求められ、必要最低限度のWebサービスやシステム開発にもお応えさせて頂いております。
 ですが、既にオン/オフラインの垣根はなく、基礎的な仕事の細部に至る迄、様々な通信や情報、ツール等が浸透し、これらを如何に自然に、しかし、最適化して生産性の向上に繋げるかが、これからの企業が生き残り、発展する上で必要不可欠な要素になっております。
 単に“最新”と呼ばれるツールやガジェット、システムを導入するだけでは、競争力どころか維持する為の武器にすらなりません。
 法人としての組織力を強化し、如何に無駄なく売上向上に結び付け、何よりもお客様に喜ばれる為の製品やサービスを、より高品位な状態で提供するか、がキーとなります。

 ユーザーに納得して頂くだけの商品価値を提供するだけでは生き残れません。
 ユーザーの皆様の期待に応え、期待以上の付加価値をつけ、納得以上に満足して頂き、更にファンになって頂ける様な、決定的、且つ、圧倒的な戦略で挑み、消費者の皆様の素直な感想を得て参りましょう。

 21世紀も10年経ち、最早、ITそのものが戦術として持て囃される時代は終わりました。
 これからは、成熟したIT技術をどれだけ生身の人間レベルに落とし込み、血の通ったWebサービスとして順応させ、単なる情報伝達だけではなく、想いや気持ちが伝わる様な、より本質的な価値ある技術と知識とを皆様にご提供させて頂きます。

 無機質で冷たいプログラムベースのシステムから、感情豊かで温かな人間ベースのシステムへとグレードアップした本当に役立つ本物を術を皆様にお届けしたい、と切に願っております。

 2011年も何卒、有限会社アインスを宜しくお願い申し上げます。


有限会社アインス
 代表取締役 宍倉 勲
タグ:謹賀新年
posted by EINS at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。