2010年06月25日

意識を高く持つ事の尊さとその姿勢がマーケティングの基礎となる

 最近の若者は、やら、最近の学生は、等といつの時代でも聞く言葉ですが、この語そのものは、単に発言者が同世代(前後)に対して共感を得ようとするだけの言葉の綾、若しくは、全く若者達を見ようとしていないだけの理解力の欠落した者の言です。

 実際、今の若者、特に学生達は、デジタルネイティブとして情報の遣り取りやコントロール、その使用法を自然と身に付け、基本的に賢い、と云えます。
 少なくとも、私が今の学生達の時代と比較すると、遙かに情報量が多く、比較的柔軟な思考回路を形成している方が多く、端的に云って、比較論的に皆さんのが賢い、と云えます。

 本日は、抽象論になってしまい恐縮ではありますが、柔軟な思考法が様々なマーケティングに役立つ事を少しだけ書いて行きます。

『意識を高く持つ事の尊さとその姿勢がマーケティングの基礎となる』の続きを読む


posted by EINS at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。