2010年04月30日

Twitterで著名人をフォローする必要はない!

 今日の記事は実に簡単です。

 ツイッターをビジネスで活用する上で、所謂、“著名人"をフォローすべきか否か、と云う点。

 先に回答をしてしまいますが、著名人のアカウントをフォローする必要はありません!
 理由は簡単です。上限値のあるフォロー数を著名人の為に割く必要がないからです。

 概ね、著名人のTwitterは公開されています。当たり前です。著名人もプロモーションに使っているのですから。
 従って、著名人のツイートを見たければ、見に行けば良いだけであり、自身のTLに収集しておく必要性がありません。
 著名人がフォローを返す可能性は極めて小さく、リプライを送ろうが、DMを送ろうが、凡そ、期待しているものは得られません。
 万が一、リツイートされたとしても、そこから得られる効果はフォロワーが数名増えるかどうか、と云う程度です。

 もし、効果を求めるのであれば、著名人からのリツイートやリプライを期待するのではなく、著名人のツイートをリツイートした方が良い、と云えます。
 この場合、正確にはRT(ReTweet)ではなく、QT(Quote Tweet)、即ち、転載ではなく引用する事です。

 著名人のツイートに対し、敢えて反論を記載してQTしてみては如何ですか?
 ディベート好きの方が縦横無尽にリツイートしてくれますよ♪

 Twitterの強みは、発言した140文字以内のtweetが自分のアカウントを飛び出して一人歩きする事にあります。勿論、TLに様々な情報を集積させると云う点も同じくらい重要です(本当はこちらの方が重要なのですが、これは別の機会に書きますね)。

 マーケティングと云うよりブランディングですが、著名人アカウントを活用するのであれば、QTする程度で充分でしょう。
 著名人とのコネクション構築等を期待するより、遙かに効果があります。

 但し、今回、記載した内容はあくまでもブランディングです。

 本来のTwitterマーケティングにおいて、著名人は不要であり、第一に業種業態に対して最適化する事が最重要課題です。

 間違えないで下さい。

 著名人達は、貴方や私に興味はありません。
 それ処か、今いるフォロワーの皆さんですら貴方や私に興味はありません。

 だとしたら、どちらを優先しますか?
 答えは至極簡単。今いるフォロワーを優先すべきです。
 敢えて、フォロワーに対する価値判断を考慮したとすれば、これが答えです。


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。