2010年04月25日

実績あるウェブマスターの意見を鵜呑みにする愚

 本日もTwitterのタイムラインに流れていたtweetから気になった点について。

 売れているECサイトの店長の意見を珍重すべき、と云う様な意見が上っており、これが良い傾向の如く扱われていたのですが、全く以て“無意味"です。

 元々、成功者の格言が好きなタイプの方は、売上を残しているECサイトの店長の言葉を珍重すれば良いのですが、往々にして、役立たずです。

 アクセス解析が分かっていも、成功する為の手順を分析していない傾向が強いのが、自社ECサイトの担当者や店長であり、万人に等しく役立つプロセスを有しているとは限らない為です。
 オンライン上で収益を上げている点のみを集約し、その言葉を鵜呑みにするのであれば、儲けているアフィリエイターの方が余程、ネット上でのプロセスを熟知しているでしょう。
 尤も、アフィリエイターでは、マネタイズの面やビジネスの観点から云えば素人であり、一部ビジネス系ツールのgeekと考えておいた方が良いでしょう。

 気を付けるべきは、成功者の意見をそのまま実行する事にあります。

 様々な業種業態において、全く同じ手法で同じだけの実績を上げる事は出来ませんし、偏ったマニュアルで視野を狭める事は、何等益を生みません。

 実際、私が運営しているサイトにスパム行為をして来たECサイト運営者は、売上が上がっていれば良い、と云った趣旨の発言を堂々としておりました。
 確かに、売上を確保する事は先決ですが、スパム行為でやっていけるのは極めて短期的なマネタイズであり、中長期的な運用には不向きです。
 そもそも、短期的に収益を確保したいのであれば、もっと別なビジネスもある訳であり、ECサイトである必要性を感じません。
 要は、その程度の解釈しか出来ない事を意味しています。

 また、ECサイトで本当に充分な利益を上げているのであれば、講師的な振る舞いはしません。
 講師的な振る舞い、即ち、自身のノウハウを切り売りし始めたECサイト運営者は、凡そ、ECサイトの売上が落ちてきている、或いは、セルフブランディングに転換しただけ、と解釈して良いでしょう。
 これは間違いありません。
 マーケティングとは切り売りするものではなく、作り上げるものです。

 気を付けましょう。
 鵜呑みにすると、いつの間にか貴方もスパマーになり、恩師と慕うそのECサイトの運営者の信者となって無駄なコストを浪費するだけですよ?


 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。