2010年04月10日

短縮URLから元のURLを表示させるツール

 既に知られている事だと思いますが、今日実際にTwitterで私宛にやって来たのが、URLを踏ませて自動的にフォロワーにDMを送るスパムです。

 基本的に、英語が苦手な方は、記載されたURLをクリックしない事です。
 また、怪しげなテキストに添えられたURLもクリックしない方が無難です。

knowurl_com.gif Twitterでは140文字迄しか入力出来ない為、短縮URLが活用されます。

 短縮URLでは、怪しいサイトであるか否か、その圧縮された文字列からは判別出来ません。

 そこで便利なのが「KnowURL: Extract URL From Shortened URL」です。

 そもそも怪しいテキストと共に添えられたURLはクリックしなければ良いのですが、もし、その判断がつかなかった場合、このKnowURLで圧縮URLの元URLを知る事が出来ます。

 KnowURLで調べ、奇妙なパラメータ付きURLであれば、クリックしない方が無難と云えます。
 タイムラインをアフィリエイトで埋め尽くすユーザーにも使えますので、使ってみては如何でしょうか?


 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。