2010年03月14日

オーガニックリンクを獲得する9つの方法

 この9つのリンクビルディング法は、GoogleのMatt Cutts氏からの引用です。

 もの凄く普通な事ですが、この普通な事が出来ていない、と云うのが現状なので、再確認する意味合いでご覧下さい。

1.論議/論争/注目
 批判的な内容や過激な意見、オーソリティへの反論等、物議を醸し出す様なエントリーを記載する手法です。
 所謂、リンクベイティングと云う手法です。
 何も無闇に批判や攻撃する記事だけである必要はなく、独創的な思考やユーモア等、他者との差異が明確になって、これが注目に足る内容であれば良いのです。
 News Hooks、Informational Hooks、Tool Hooks、Humor Hooks、Evil Hooks等。

2.コミュニティ
 コミュニティへの参加が最も分かり易い、と云えます。
 実社会でも同じですが、ウェブでもコミュニケーションが大事である、と云う事です。
 SNSやQ&Aサイト、口コミ等、色々参加して役立つ情報やユーモア等で仲間を増やしてみましょう。

3.調査/公開
 謂わば、コンテンツとも云えますが、特定の情報に関してのリサーチやレポートは、それを求めるユーザーにとっては重要な情報源となります。
 時間のかかる記事になりますが、まとめサイトや比較サイトが便利である事は皆知っていますから、有用である、と云えます。

4.メルマガ
 ニュースレターの配信です。
 オーガニックリンク獲得とは直接関係ありませんが、トラフィック集めには役立つでしょう。
 既に使い古された手法ではありますが、ユーザーが増えれば増える程効果が上がる、と云う利点を活かせば、労力に見合うとも考えられます。

5.ソーシャルメディア
 2のコミュニティと被りますが、ターゲット設定とバイラル効果が期待出来ます。
 セルフプロデュースには最適とも云えますが、如何に自サイトとの相違点を出すかがキーになって来ます。
 いずれにしても、SMOの観点から云えば、既に外す事の出来ないものなので、積極的に活用してみた方が良いでしょう。

6.ブログ
 既に海外ではブログ離れの傾向も見られますが、情報発信者であればブログは欠かせません。
 ディープリンクを獲得し、コンバージョン率の向上を目指す上でもブログは有効です。
 SNSとの連動、切り分けの匙加減が難しくなるとは思いますが、オーソリティとなってしまえば圧倒的に優位となります。

7.無償サービス
 一昔前であればフリースクリプトの配布、今でも便利ツールやアドオン、プラグイン等プロダクトの配布は効果的と云えます。
 サンプルマーケティングと考えれば分かり易いでしょう。

8.サイトの構造
 コンテンツそのものではなく、サイトそのものの構造を指しています。
 所謂、カテゴリ分けが徹底されていれば、ユーザーは分かり易い、と云う事になります。
 実は、このサイト構造をよく理解していない方が多い様に思えます。

9.映像
 映像コンテンツの直感的な情報伝達力は誰でも知っている筈です。
 今では既にポピュラーになって来ましたので、映像コンテンツを積極的に活用している方も多いと思います。
 しかし、映像コンテンツが増える一方、視聴者の過疎化も進んでいます。
 勿論、Video SEOやYoutube SEO等も手法もありますが、結局はコンテンツ次第になりますから、企画力を磨きましょう。
 また、ユーザーの滞在時間と云うものも考慮しましょう。
 ボリュームを増やすだけでは、コンバージョン率を低下させるだけですから、気を付けましょう。


 特別、真新しい内容はありませんが、基本的である事は間違いありませんから覚えておいて損はないでしょう。
 但し、これらの手法は、どちらかと云うとプライベートブランディング構築寄りである為、企業がそのまま活用しても効果は微妙、即ち、直接的なリンク獲得になるかは微妙と云えます。
 コーポレートサイトがリンクを効果的に獲得する為には、プライオリティを定め、全く異なったアプローチが必要になる事も忘れてはいけません。
 この点につきましては、いずれエントリーすると思いますのでお待ち下さい。


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。