2010年03月07日

Google、サーチウィキに代わりスター機能導入

 3月4日、Google Japan Blogで下記の様なアナウンスがありました。

 一人一人のニーズに合った検索結果が表示されたら、もっと検索は便利になるんじゃないか。そんな考えから、 Google は2005年に「パーソナライズド検索」を発表し、それからも Google アカウントにログインしている各ユーザーの検索履歴をもとに、もっと皆さんが便利に検索できる方法を考え続けてきました。例えば、過去に閲覧したウェブページのみを表示したり、まだ閲覧していないウェブページのみを表示する検索ツールやサーチウィキなどを提供してきました。そして、本日、お気に入りのウェブ検索結果を再発見しやすくするスター機能の提供を開始します。



 …う〜ん、どうなんでしょう?
 SearchWikiよりは大分マシだとは思いますが、使うかな?

 仕事柄、検索結果を汚したくないので私はブラウザで分けておきますが、趣味で使う分には良いのかも知れません。
 多分ですが、検索結果ページが煩わしくなる可能性もあるので、個人的にはメインブラウザでの利用は控える、と思います。

 情報検索と記録機能は分けておいた方が良い気がするのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?


 それでは、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。