2010年03月05日

Twitterは役立たず?…と云うのは早計です

 Twitterで面白いつぶやきがありました。

 「Twitterからのアクセスは儲からないらしい」と云う内容。
 興味深いので調べてみると、流石に皆さん、造詣が深く、当然の事とご理解している様です。
 安心しました。

 WebmasterWorldに「1週間で19セント」と云う投稿があります。

 そこには、下記の様な内容が。

 約500人をフォローし、内120人のフォロワーを獲得。自サイトに40アクセスあり、アドセンスは1クリックされた。

 Google AnalyticsでTwitter経由と通常のユーザーを比較すると、

・34%滞在時間減
・22%直帰率増
・48%ページビュー減


 どうでしょうか?
 上記だけ見ると、完全に役立たずですよね?

 しかし、そうとも限りません。

 実は、弊社では昨年秋ぐらいから、実店舗向けのTwitterマーケティングを提供しております(「Twitterでマーケティングを仕掛けてみますか…」より)。
 そして、反応は頗る良好です。

 Twitterには、コミュニケーション、パーソナルブランディング、情報収集、プロモーション、親近感、趣味、何となく、只の独り言(ぼやき?)に至る迄、様々な用途で使われていると思いますが、その性質上、オンライン上のマネタイズに使うべきではない、と考えています。
 あくまでも、切り口、と云うニュアンス、それがTwitterを上手く使う方法だと思っています。

 私の場合、各種サービスを検証しているので、どうしても1つのサービスをじっくりと使い込む時間がなく、放置気味にならざるを得ませんが、その特性から考慮すれば、寧ろ、今迄Webマーケティングに疎かった業種にこそ向いているのでは、と感じています。
 勿論、時間はかかりますが、活用次第ではmixiや自ブログ等よりも遙かに効果的、と考えられます。

 まだ、Twitterをした事がない方は、ものは試しに使ってみませんか?
 恐らく、今あるオンラインサービスの中では、最も“簡単"に利用出来ると思いますよ?


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。