2009年08月29日

メメタァ

 インターネットやビジネスにまつわる話は沢山あるのですが〜…ちょっと。

 皆さん、ご存知のカール。

 何故かこのポピュラーなスナック菓子が近くのコンビニには置いてありません。
少し離れたコンビニで購入(目的は別でしたが目に入ったので)、社長室でウィスキーを呑みながらポリポリ。

 仕事をしつつ〜(自社用なのでご安心を)、と云う事で袋から直接、サラサラ〜と口に運んでいたのですが、ふと気付くと変な形のものが。

curl.jpg コレが噂の「ケロ太」と云うものらしいです。
 数十袋に1つの確率らしいです。

 初めて見たので写メに収めたのですが、それにしても袋から直接、口に流し込んで食べていると気付かなかっただけかも知れませんね。
 兎に角、指にベッタリとチーズがつくので、パソコンを弄りながら食べるには行儀悪い食べ方になってしまいます。

 それにつけても何か良い事あるかな〜?


 では、アリーヴェデルチ♪


posted by EINS at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月26日

Twitterでマーケティングを仕掛けてみますか…

 2年以上前にはTwitterでのマーケティングは有り、つい先日はTwitterでのマーケティングは無し、そして、今は有り…と書くとコロコロ変わるヤツだな〜、と思われてしまいますが、ま、その通りです♪


 実の処、否定していたTwitterマーケティングは、最近の風潮に見られる仕掛けやその理論の否定にしか過ぎません。SMOの一環としては元々、賛成です。
 活用法や仕掛け作り、目的の切り口を模索していたら特定クライアントに役立つアイデアが見付かりました。
 私に相談を持ち掛けてくれた代理店の方のおかげですね。相談されなければ、まだ暫くTwitterを活用したマーケティング論は放っておいた事でしょう。

 Twitterを活用するとなると、直ぐにfollowerの数やその売買、tweetの内容にばかり注目され、雑なオンライン上でのマネタイズを描くばかりが目立ち、嫌気がします。
 しかし、リアルタイム性と位置情報、その検索を活用すれば限定された商圏や職種への落とし込みが比較的楽である事に気付きました。

 残念ながら、現在の国内でのTwitterユーザー層と数では、まだリアルなマーケティングには至りませんが、別途サービスとの併用に落とし処の設定をすると…素敵な導線が描けるではないですか!


 さて、テスト的に特定業種向けのTwitterマーケティングを作ってみますかね。

 結構、面白くなると思うんですよね。クライアントにとっても目に見えるサービスなので喜んで頂ける筈。


 と云う訳で今日はここまで、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB活用術 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月24日

2009年、検索エンジンSEO効果主要ランキング

 SEOmozで2009年版の検索エンジンSEO効果主要ランキングが発表されました。

 2年毎にSEO業界のトッププロに調査を行い、今年は72名が参加。
 SERPsでの順位決めに一役買っているであろう主要な情報源として、検索エンジン最適化の指標となるのではないでしょうか?


◎検索結果の表示順決定ベスト5

1.被リンクのアンカーテキスト:73%
2.titleタグでのキーワード使用:66%
3.生のリンクポピュラリティ:64%
4.リンク元ドメイン名の多様性:64%
5.ルートドメイン名でのキーワード使用:60%


◎クローリング/表示順マイナス要素ワースト5

1.悪意あるクローキング:68%
2.ペイドリンクによる被リンク獲得:66%
3.ユーザーエージェント名によるクローキング:54%
4.サーバーの不安定さ:54%
5.スパムサイトへの発リンク:48%


◎表示順位決定アルゴリズム

24%:ドメイン名のトラスト/オーソリティ
22%:ページのリンクポピュラリティ
20%:被リンクのアンカーテキスト
15%:ページ内でのキーワード使用
7%:トラフィック量とクリック率のデータ
6%:ソーシャルグラフ指標
5%:ドメイン名登録とサーバーデータ


◎見解の相違

1.被リンクのアンカーテキストにおけるキーワード使用:13.6%
2.内部リンクのアンカーテキストにおけるキーワード使用:13%
3.h1タグでの最初の単語としてのキーワード配置:11.7%
4.titleタグでの最初の単語としてのキーワードの使用:11.3%
5.ルートドメイン名でのキーワード使用:11.2%



 上記はGoogleでの検索結果に対する見解であり、また、海外での意見です。

 全てこの通り、とは思いませんが1つの指針にはなるのではないでしょうか?


 それでは、アリーヴェデルチ♪
タグ:SEO SEOmoz seo対策
posted by EINS at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月21日

この奇妙な社長、容赦せん!

 最近の営業は何なのでしょうか?
 不景気のせいで必死なのか、それとも、そもそもダメなのか、雑過ぎる営業が多過ぎます。


 一方的なスパム紛いのメール営業。
 こちらを満足させるだけの提案を持って来る事を条件に会ってみれば、上司が許可を出したテンプレートを持ってくるだけ。
 勉強させて下さい、と本当に話を聞きに来るだけ。
 全くメリットのないパートナー話。
 用件を告げずに「社長いますか?」と電話口で話す輩。
 長年、同じリストでテレアポする。
 それっぽい話と云う事で繋いだは良いものの、お前は俺の友達か?、と云わんばかりのフランクな口調…しかも、クライアントを紹介しろ、挙げ句、ウチに来い!


 奇妙な社長、とブログ名を改称してみたものの、私を遙かに凌ぐ奇妙過ぎる珍客達に貴重な時間を潰されてしまう、この苦痛。
 全く、アダ名はヌケサクか?


 しかし、はっきりしました。

 優れたサービスを提供している処は、営業もしっかりしています。
 逆に、???なサービス、端的に云って、これは選択し得ない、と思わせるサービスを実施している処の営業は、これまた“痛い”と云う事です。


 営業される事には何の問題もありません。
 意外に良い場合も多々あります。
 ですが、あまりにも説得力に欠ける内容は、やはり、それ迄の様です。


 人の振り見て我が振り直せ、と云います。

 弊社も、不快、に思わせる事のない営業を心掛け、これからも精進して参ります。



 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月19日

早くもフォロワー販売サービスに対する取り締まりか?

 CNET Newsに「Twitter、フォロワー販売サービスに対する取り締まりを開始か」の記事が。


 2年以上前、Twitterを使う場合、マーケティングに限り有り、と肯定派であった私ですが、今のTwitterを用いたマーケティング論には先日述べた通り、否定的です。
 と云うのも、明らかにスパマー的な手法での活用術が跋扈しているからです。

 新規Twitterフォロワーの購入そのものが問題、と云う訳ではありません。
 宣伝・告知にコストが掛かるのは当たり前ですから、これを問題視しているのではありません。

 要は、発言が全て“宣伝”になってしまう事が問題です。

 この使われ方をした場合、ユーザーは確実に興味を失います。
 6割強の無意味なつぶやきと連続投稿される告知…これを想像するとフォローする気が失せます。

 Twitterをマーケティングに活用される方は、十分気を付けて下さい。


 では、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月17日

アラフォー婚活の相手への希望条件のようだ

 gooランキングで「新入社員が上司に求めたいことランキング」を拝見。

◎新入社員が上司に求めたいことランキング

1位.教え方がうまい
2位.指示が的確
3位.きちんと評価してくれる
4位.人間的な魅力がある
5位.部下(自分)のことを気にかけてくれる
6位.責任転嫁しない
7位.仕事の失敗をフォローしてくれる
8位.話をきいてくれる
9位.ひいきしない
10位.気配りが出来る



 いつの時代でも変わらないのでしょうが、やはり自分本位な意見が上位を占めるものですね。
 バブルを謳歌し、今、婚活に勤しむ女性ばりに“身の丈”にあってない評価を下す傾向にあるようです。

 なんでしょうね〜…

 2位はまあ、良いでしょう。
 5位と9位は矛盾してます。
 3位と7位を総合すると、恐らく、正当な評価は“使えない奴”となってしまうのではないでしょうか?
 4位は何となく分からなくもないですが、仕事に纏わる事でしょうか?
 5位、8位、10位を見るに、構って貰いたくて仕方ない、と云う印象でしょうか。

 それにしても、一番気に掛かるのは1位の「教え方がうまい」ですね。

 給料を貰って働く訳です。
 必要な事を教えるのは当然として、教えて貰って然るべき、と云うその態度には苛つきます。
 学生気分が抜けない者が多い様ですね。

 教わるのではなく、自ら“覚える”ものです。
 自ら率先して学び、貪欲に吸収する。
 そうした事で始めて3位の評価を求められます。
 評価を得られれば、自ずと5位や7位、8位も得られます。尤も、7位の場合、会社としてフォローせざるを得ませんが。

 新入社員、は先行投資です。
 成長してくれなくては困ります。


 いずれにしても、自身の未熟さや自意識過剰振りを上司や周囲のせいにするのは感心出来ません。
 権利と義務が独立しては存在し得ないように、上司に求めるのであれば、新人にも求められます。その求めるレベルは等価であり、会社にしてみればプラスになって貰わねばなりません。
 果たして、これが分かって貰えるでしょうか?

 初心忘るべからず、と云う言葉がありますが、社会人になって間もない時期に、早くも上司に求めるとは、先が思いやられます。

 人に厳しくする前に、先ずは自分に厳しく!


 それでは、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月14日

Twitterマーケティング、7つの罠

 IT系ニュースでTwitterの文字を見ない日はありません。
 Twitterを用いたマーケティング活用法の企業向けサービスやセミナーがいよいよ活性化してきましたね。

 日本語版開設前には情報収集とディスカッション用の待ち合わせ、備忘録的メモとして活用他別目的としておりました。
 さて、今は使えるのでしょうか?


 Twitterそのものは大変、使い勝手の良いサービスです。
 ですから、アカウントを取得しておく事をおすすめします。

 しかし、企業がこれをマーケティングに活用するのであれば、よく検討すべきです。
 個人的には、現時点でのTwitterによる一般的なWebマーケティングは無い、と考えています。

 DELLの様にTwitter登場以前からメーリングリスト、DM、FAXを使って、これでもか!、と云わんばかりのアプローチをしているのであれば、導入してもOKです。
 ですが、精度、と予算、負担を考えた場合、よく協議すべきです。

 Twitterは極めて緩やかなコミュニケーションツールである事が前提です。
 より正確には、緩やかなコミュニケーションツールとして活用し、有用(?)と思われる情報提供する事が最大の効果を齎す訳であり、宣伝・販促ツールと限定した時点でその最大の効果を失う事を意味しています。

 Twitterをマーケティングに導入するのは、業種と目的を限定し、尚、微妙と云った感じですが、もしも、活用するのであれば以下の7点に気を付けて下さい、


1:Twitter担当者に複数業務

 Twitterは、簡単につぶやける反面、その効果を最大限発揮する為にはTwitterにベッタリ(どっぷり)と浸かる必要があります。
 効果的なTwitterの活用には、メルマガよりも負担が大きい事を理解しておきましょう。
 この理由が分からない、或いは、負担を予測出来ないのであれば導入すべきではありません。

2:フォロワーを買わない

 報酬を払ってフォロワーを募り、バイラル効果を期待するのであれば導入は見送りましょう。
 ブログ程、プル型効果期待出来ず、伝播力も貧弱です。
 即効性はあるものの、期待値は低い為、報酬に見合う効果には成り得ません。

3:プライベートモード

 マーケティングとしてTwitterを活用した上でプライベートモードに設定した場合、つぶやきにおけるクオリティのハードルを上げてしまう事になります。
 フォローされても離脱される可能性が高く、或いは、完全に無反応となります。
 オープンなつぶやきこそ有用性があるので、プライベートモードでの導入は誤りです。

4:宣伝だけ、簡易プレススリリース、ヘッドラインニュースだけ

 自社サービスのPRを優先し、宣伝ばかりする。剰え、同じ内容を集中的、若しくは時間を変えてつぶやく等は“最悪”です。
 確実にフォローから離脱、若しくは無視されます。

5:無反応

 個宛のつぶやきを無視し続けるのはよくありません。
 見落とし、答え辛い、と云うものは多々あると思いますが、反応はしておきましょう。
 コミュニケーションツールである事を無視すれば、全ての効果は消え失せ、台無しです。

6:フォローの数集め

 フォロワー数に執着してはいけません。
 フォロワーはコンシューマではありません。
 負担は別にあるので、フォロー数に気を取られた時点で失敗します。

7:トラッキング

 トラッキングしてリターゲティングしたいのは分かりますが、フォロワーをその対象とした時点でTwitterの強味を失います。
 Twitterによるマーケティング対象をフォロワーにすべきではありません。


 個人的には最初に述べた通り、今現在のTwitterの機能とその本質、ユーザー層から考えて、マーケティングに活用出来る程のものではない、と考えています。

 Twitterは、その仕様故に“時間”が取られます。
 Twitterに取られる時間と等価な有用性を得られるか否か、と云う問題が常に付きまとい、これがつぶやきの発信者の情報の有益性に依存している限りにおいてユーザー数は限定されます。
 つまり、Twitterそのものの向上が見られない限り、ユーザーの飽和と減退を招く事でしょう。
 現時点で、Twitterが携帯電話のメールに代わる程のパワーはないので初期市場で飽和を迎えるであろう、と予測していますが。

 勿論、化ける可能性を孕んでいるので注目しておいても良いでしょう。


 1つ云えるのは、現時点で大資本企業以外はTwitterマーケティングにお金をかけるべきではない、と云う事です。

 少なくとも、「Twitterはヒウィッヒヒー」が面白いと思わなければお金をかけて使う必要はありません。
 ちなみに、私はま〜〜〜ったくヒウィッヒヒーの面白さが分かりません!
 だからこそ、何故、これがウケたのか、日本語版アカウント(英語版アカウントや別目的アカウントは取得済み)を取得したのですが、未だ不明です。

 ま、笑いのツボ、が違うんでしょうな!

 しかし、だとしたら私の予想は確実に当たります。
 現時点でのWeb上でよく聞く様なTwitterによるマーケティングは、確実に無意味でボロが出て廃れる、と。
 もし、セミナー等で語られている使い方をするのであれば、Twitterそのもののユーザー数が更に増える必要が問われ、その時に活用すべきです。
 但し、全く異なった手法で活用するのであれば大いに期待出来ます(実は既に仕掛けを考えて実行済みです)。


 皆さんも気を付けて下さいね。


 それでは、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP制作・運用法 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月10日

ジョジョの奇妙な社長ブログ、100億PV達成!

 8月半ば。お盆を前にして・・


 脳内で掲げていた中期目標を、さらに2か月前倒し、



 ジョジョの奇妙な社長ブログ月間100億PV達成が確実になりました!




 パチパチパチパチパチ・・・




 って、嘘ッ!!!

 このブログのページビューが?
 これもだけど、向こうもね♪
、とある社長ブログの雰囲気を真似て



 ま、こんな寒々しいブログが100億PVだの1,000億PVだの掲げたら、誰の目から見ても明らかにおかしいのは分かりますよね?
 ですが、アメブロも同じです。
 膨大なトラフィックの渦の中にあっては然したる差異はなく、当然の事ながらアメブロ100億PV突破も虚像。

 嘘、と云ったら語弊がありますね。
 要は、人間が閲覧している数ではない、と云う事です。

 PV数には明確な定義がない、とするニュアンスの間隙をついているのでしょうが、まともなWeb屋(まともじゃなくても普通)であれば、PV数とは人間による総アクセス数以外の何ものでもありません。
 RSSへのアクセスやらロボットやらを含めたPV数出して喜ぶWeb屋っているんですか?
 まぁ、いた訳ですが…

 実際、アメブロのユーザーは多いんですが、ブログなのにクローズ化したコミュニティでワサワサ動く意味が分からないので個人的には「?」です。
 どちらにせよ、見せ掛けのPVが全く無意味である事は、ECサイト運営者であれば身にしみていると思いますから、間違っても虚像に騙されないで下さい。

 コミュニティと消費行動には一致性が見られない、を踏まえ、消費者とは何かをしっかりと把握しておきましょう。


 それにしても…この酷い数字を恥ずかし気もなく発表し、これがサラッとメディアに載って伝わり、勘違いした人達が後々、騙された、とキレて、また、Webビジネスから人々が遠退くのか、と想像するに怖ろしいものがあります。
 真面目に仕事している人達を巻き込まないで欲しいです、サイバーエージェントさん。

 何なら、アクセス解析、教えましょうか???


 それでは、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP観察記 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

先生、達には分からないのかな?

 政治に、ノータッチ(煙草では文句云いましたが)、なこのブログですが「良薬?劇薬?最低賃金1000円も争点に」の記事を見てちょっと…


最低賃金の引き上げが衆院選の争点の一つに浮上してきた。民主、社民、共産の野党各党に加え、与党の公明党も大幅アップをマニフェスト(政権公約)に盛り込み、給与アップを強調する構えだ。最終的な引き上げ目標は、現在の全国平均の1.4倍に当たる時給1000円。これに対し、自民党は慎重姿勢をとっている。最低賃金の引き上げは消費拡大につながるとの指摘がある一方、失業増につながる懸念も出ている。果たして良薬か劇薬か−。
イザ!「良薬?劇薬?最低賃金1000円も争点に」より一部抜粋



 基本的に、政権交代を望んでいるものの、これはないわ〜!
 良薬でも劇薬でもない。只の“”です。
 以前から最低賃金の話は出てましたし、時給1,000円の話も真新しい訳でも何でもないですが、これ、争点にして良いのでしょうか?

 細かく見て行くと、当面、時給800円で、最終的に“平均”で時給1,000円を“目標”、とあるので、有耶無耶になるとは思いますが。目標とするのは兎も角、平均、とはどう云う事でしょう?最低賃金ではない様な??

 はっきり云って、最低賃金時給1,000円をそのまま鵜呑みした場合、倒産率どころか失業率アップ、更に物価上昇、消費拡大どころか益々、消費は冷え込む事でしょう。

 一体、どのあたりの企業や社員からヒアリングをしているのやら…
 最低賃金だけの話ではありませんけどね。


 先程、コンビニに行きました。
 昼間のコンビニは混みますから、そのコンビニでは4名のバイトがレジにいました。夏休みと云う事で学生のバイトが2人いました。
 時給850円2名に時給800円2名とした場合、1時間3,300円。11時〜14時迄の3時間とした場合、9,900円。
 これが時給1,000円になれば1時間4,000円。3時間で12,000円です。
 差額2,100円、これを30日(コンビニは無休:バイトはシフト)と計算すると63,000円。これ、昼時のたった3時間に限っての話ですよ?
 この差額があれば、少し足してもう一人、学生のバイトをシフトで雇えますね。人手が足りないのであれば、の話ですが。

 これ、裏返せば、時給が高くなった場合、雇うのを止める事に繋がります。

 雇うのを控えれば、1人当たりの負担は増し、しかし、サービス低下は否めない。
 上述のコンビニの例でははっきりとした差異はでませんが、この差が出るのは、沢山のパートを雇っているスーパーや加工業、或いは、1人2人のバイトを雇っている個人の外食産業には大打撃です。
 特に、都市部と地方の差は顕著になり、時給は上がったものの働ける時間は少なくなり、結果的に所得は減り、失業率が上がってしまう訳です。
 人件費を補填する為に価格を上げ始めたら、それこそ目も当てられません。
 コンビニのおにぎりが1個200円も300円もしたら怖ろしいですよ?


 何が云いたいかと問われれば、業種業態問わず、状況を考えず、地域差を考慮せず、最低賃金だけを一律上昇させるのは横暴、と云う事です。
 生活保護費との兼ね合いやワーキングプアの問題等、難しいのは分かりますが、給与を上げれば良い、と云うのは短絡的過ぎませんか?
 そもそも、給与を支払うのは営利団体である企業です。給与を支払うのは義務であると共に権利であり、御上に口出しされたくないものです。勿論、公的資金でも入れていれば別ですが、多くの企業にとっては迷惑な話です。共産主義じゃないんだから!
 政権公約に入れるべき内容ではないでしょ?

 冷え込んだ消費は別な処に要因があります。
 根本的な問題を解決しなければ、見掛けの所得を若干増やした処で何の解決もしません。
 経済に明るい政治家はいないのでしょうか?

 政権交代を望んではいるものの、自民党に嫌気が指しただけ。
 こりゃ、先が思いやられる…


 取り敢えず、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する

2009年08月07日

Lady Gagaが来るゾ〜〜〜ッ!

 恒例のサマーソニック!今日からですよ♪

 毎年、凄いラインナップですが、10周年の今年、個人的に一番のおすすめは何と云ってもLady Gaga
 まさに、才能の塊
 あまりの才能故に、時折、きょとん、としてしまいますが、いいな〜♪

 サマーソニック10周年に対するお祝いコメントがYouTubeに掲載されていましたが、これがまた素晴らしい!
 度肝を抜かれる映像でしたが、ブログに引っ張って来れないのが残念。

 紹介出来ないのが残念ですが、代わりに個人的にヒットなPVを載せておきますので、どうぞ。



 どうでしたか?
 これはキテるでしょ♪
 セカンドバージョンでは、鬣を紫に染め、体に黒い斑点を付けた白馬も登場しますよ。
 アートよの〜

 楽しみだ!


 と云う訳で、アリーヴェデルチ♪
posted by EINS at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | この記事をはてなブックマークに登録 | この記事をYahoo!ブックマークに登録 | この記事をBuzzurlに登録 | この記事をニフティクリップに登録 | この記事をlivedoorクリップに登録 | この記事をdel.icio.usに登録 | トピックイットに投稿する
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。